緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 観光・魅力・イベント > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 博物館調査情報 > 古人見町自治会文書のマイクロ撮影

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

古人見町自治会文書のマイクロ撮影

浜松市の浜名湖岸にある、古人見町自治会(こひとみちょうじちかい)は、約3000点の近世・近代文書を所蔵しており、浜松地域社会の歴史を考えるうえで、たいへん貴重な歴史資料です。
なかでも、明治17年(1884)から昭和32年(1957)に至る74年間の行政文書綴りは、浜名郡伊佐見村役場から古人見区長にあてて発信された通知などを編綴したもので、近代の各時期における農村部のありさまを知るうえで貴重です。
博物館では、古人見町自治会文書の利用の便をはかるため、平成12年度の事業として、明治17年の「廻達綴」から昭和17年の「諸信往復綴」までの31冊の行政文書綴をマイクロ撮影いたしました。

浜松市博物館表紙へもどる 博物館調査情報に戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?