ここから本文です。

更新日:2016年10月26日

 特別展「遠江の木喰仏」

木喰五行(行道、明満。享保三年~文化七年、1718年~1810年)は、北海道から鹿児島まで全国を行脚した江戸時代の遊行僧。60歳を過ぎてから90歳ころまで、各地の人々の求めに応じて一千体以上の仏像を刻み続けました。ここ遠江の地にも、独特のほほ笑みを浮かべた『木喰仏』が残されています。その素朴な美は、大正末期に民藝運動で知られる柳宗悦が見出し、今なお多くの人を魅了しています。

本展示では、遠江の地においてその作風が顕著となった、誰もが親しみを感じる『木喰仏』にスポットを当て、歌や書などの資料も合わせ55点を展示し、その魅力と背景に迫ります。

開催概要

開催期間

平成28年10月29日(土曜日)~平成28年12月4日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館特別展示室・講座室

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

10月31日(月曜日)

11月4日(金曜日)・11月7日(月曜日)・14日(月曜日)・21日(月曜日)・24日(木曜日)・28日(月曜日)

観覧料

大人500円・高校生200円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで半額

後援

浜松市教育委員会、静岡県文化財保存協会

(公財)浜松市文化振興財団、(公財)浜松観光コンベンションビューロー

静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、NHK静岡放送局

芸術文化振興基金助成事業

芸術文化振興基金ロゴ

展示史料

子安観音菩薩立像

子安観音菩薩立像(寛政十二年・1800年、徳蔵寺・愛知県新城市)

子安地蔵菩薩坐像

子安地蔵菩薩坐像(寛政十二年・1,800年、蓮花寺・周智郡森町)

十王像と葬頭河婆半跏像

十王像と葬頭河婆半跏像(寛政十二年・1,800年、徳泉寺・浜松市)

出品目録(PDF:527KB)

会期中のイベント

参加費:無料(2、3は特別展入館料が必要です。)

1.記念講演会「木喰上人の信仰と美術」

講師:日比野秀男氏(常葉大学名誉教授、掛川市二の丸美術館・掛川市ステンドグラス美術館館長)

  • 日時:平成28年11月12日(土曜日)午後2時~午後4時
  • 会場:浜松市地域情報センターホール(中区中央1丁目12-7)
  • 定員:160名(当日先着順)

2.ホトケ女子とまわる”ゆるゆる”ギャラリートーク

影山美穂×安達えみ×佐野聖子

木喰仏ってなに?からはじめる、あなたの知らない仏像趣味の楽しみかた。

  • 日時:平成28年11月20日(日曜日)午後2時~3時

影山美穂…浜松市在住。地元の人に仏像の良さを分かってもらうべく、各所で仏教美術講座講師として活躍中。

安達えみ…浜松市出身だが、仏教趣味が高じて奈良市在住。デザイナーのお仕事のほか、お寺イベントの企画などを手掛けている。

佐野聖子…本展覧会の担当学芸員。

3.担当学芸員によるギャラリートーク

学芸員が展示の解説をいたします。

  • 日時:11月5日(土曜日)・27日(日曜日)午後2時~2時30分

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?