ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > テーマ展「弥生時代の土器と交流」

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

 テーマ展「弥生時代の土器と交流」

三河・遠江・南信濃(三遠南信)の経済や文化の交流が注目されて久しくなりますが、実は2,000年以上の昔から、この地域では交流を持っていました。

その歴史を物語るのが、遺跡などから発見される土器です。南信濃で発見された弥生土器が、遠江から持ち込まれた土器だったり、逆に、南信濃から遠江に持ち込まれたり、はたまた三河から遠江へ運ばれたりと、土器たちが三遠南信の交流を物語ります。

今回の展示では、三遠南信地域の弥生時代中期から後期の、地域性豊かな土器を展示し、地域間の交流とその社会的背景をご紹介します。

開催概要

開催期間

平成28年5月21日(土曜日)~7月10日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

毎週月曜日

観覧料

大人300円・高校生150円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料

展示資料

東三河

瓜郷遺跡復元住居

瓜郷遺跡復元住居

遠江

梶子遺跡出土土器

梶子遺跡出土土器

南信濃

阿島式土器

阿島式土器(下伊那教育会蔵)

会期中のイベント

特別講座

(共通)

  • 会場:博物館講座室
  • 定員:70名(当日先着順で受付)

第1回「金印と銅鐸、卑弥呼の時代の東海」

  • 日時:6月12日(日曜日)午後1時30分~3時30分
  • 講師:石川日出志氏(明治大学教授)

第2回「東海の初期弥生文化と土器」

  • 日時:6月19日(日曜日)午後1時30分~3時30分
  • 講師:篠原和大氏(静岡大学教授)

ギャラリートーク

学芸員が展示の解説をいたします。

  • 日時:平成28年6月12日(日曜日)・19日(日曜日)各回午後3時30分~

ミニシンポジウム「三遠南信の弥生時代中期の文化と土器」

  • 日時:6月26日(日曜日)午後1時~5時
  • 会場:博物館講座室
  • 定員:70名(当日先着順で受付)

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?