ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 市民協働展「三遠南信土の中のわくわく動物園」

ここから本文です。

更新日:2018年7月8日

 市民協働展「三遠南信土の中のわくわく動物園」

三河・遠江・南信濃の、いわゆる三遠南信は、南アルプスの険しい地域を挟むものの、原始古代から交流が続いており、文化風土に共通する部分も多く見受けられます。

本展では、この三遠南信で発掘されたワニ、ナウマンゾウなどの動物化石と骨、そして動物をモチーフとした埴輪などの造形作品のほか、骨製品などもご紹介します。

なお今回の展示は、ヤゲワニ発掘50周年を記念し、ボランティア団体「谷下ワニ研究会」が博物館とともに企画・展示を行う、「市民協働展」として実施します。

開催概要

開催期間

平成29年7月29日(土曜日)~平成29年9月3日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

8月28日(月曜日)

観覧料

大人300円・高校生150円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料

8月21日(月曜日)は無料開放日です。

共催

静岡県博物館協会

企画・展示協力 谷下ワニ研究会

展示史料

デスモスチルス(1750万年前)

デスモスチルスの臼歯の化石

デスモスチルスの臼歯の化石

飯田市美術博物館蔵(南信濃)

ヤゲワニの化石(30数万年前)

ヤゲワニ骨格模型

ヤゲワニ骨格模型

飯田市美術博物館蔵(南信濃)

ナウマンゾウ(約30~3万年前)

ナウマンゾウ骨格模型

ナウマンゾウ骨格模型

浜松市博物館(遠江

縄文貝塚から出土した動物骨(4~3千年前)

猟犬のお墓

飼われていた猟犬のお墓

田原市博物館(三河)

古墳時代の動物埴輪(5~6世紀)

辺田平1号墳出土鹿型埴輪

辺田平1号墳出出土鹿形埴輪

会期中のイベント

1.わくわくガイドツアー(市民学芸員による展示案内)

  • 日時:7月29日(土曜日)、8月19日(土曜日)・21日(月曜日)・26日(土曜日)、9月2日(土曜日)、午後2時~(40分程度)

2.わくわく体験

  • 日時:7月29日(土曜日)、8月19日(土曜日)・21日(月曜日)・26日(土曜日)、9月2日(土曜日)、午前10時~午後4時
  • 内容:動物おりがみ、切り絵、本物の骨にさわる体験ほか)

3.アンモナイトのレプリカを作ろう

  • 日時:7月29日(土曜日)、午前10時~/午後1時30分~
  • 対象:小中学生
  • 定員:各回8人(先着順)
  • 費用:100円

<特別講座>

第1回「弥生人が描いた動物たち」

  • 日時:8月5日(土曜日)、午後2時~午後4時
  • 定員:70人(当日先着順)
  • 講師:橋本裕行(奈良県立橿原考古学研究所企画課長)

第2回「ナウマンゾウは語る」

  • 日時:8月12日(土曜日)、午後2時~午後4時
  • 定員:70人(当日先着順)
  • 講師:高橋啓一(滋賀県立琵琶湖博物館副館長)

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?