ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 三遠南信ミュージアム連携「黄金の世紀 エピローグ」

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

三遠南信ミュージアム連携「黄金の世紀 エピローグ」

10月22日(土曜日)から11月13日(日曜日)まで、三遠南信ミュージアム連携企画展として「黄金の世紀 エピローグ」を開催します。この展示では、三遠南信地域の古墳時代の終焉について、豊橋市、飯田市、浜松市の出土資料から探っていきます。

開催概要

開催期間

平成23年10月22日(土曜日)~11月13日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館 特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

展示期間中の休館日

10月24日(月曜日)、10月31日(月曜日)、11月4日(金曜日)、11月7日(月曜日)

鉄剣、金銅製馬具
蜆塚古墳群出土

金銀装円頭大刀
鳥居松遺跡出土

 

七鈴鏡
千人塚古墳出土

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?