ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > テーマ展「郷土玩具趣味-”かわいい”の後ろにひそむもの-」

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

 テーマ展「郷土玩具趣味-”かわいい”の後ろにひそむもの-」

「かわいくてなつかしい昔のおもちゃ」「旅の土産の民芸品」といった、親しみやすいイメージで語られる郷土玩具。色とりどりの郷土玩具は、日本の伝統的意匠としても海外から注目され、国内でもその良さが見直されているところです。

郷土玩具集めを趣味とする人が現れたのは明治時代半ば頃で、昭和の初め頃には全国的に関心が高まりました。戦争による一時中断の後、国内旅行ブームの到来により、郷土玩具は来訪記念の土産物として注目され、郷土玩具趣味のすそ野はさらに広がりました。

個人が趣味として集めた郷土玩具は、地元の博物館に寄贈されることも多く、当館にも約3000点が収蔵されています。しかし、民芸品というイメージがありながら、柳宗悦の提唱した「民藝」には含まれず、民俗学の「民具」でもなければ歴史学の「史料」としても扱いづらいという分類上の問題もあります。そんなとらえどころのない郷土玩具趣味の世界を、館蔵品によりご紹介します。

開催概要

開催期間

平成30年4月14日(土曜日)~平成30年5月20日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

4月16日(月曜日)・23日(月曜日)・25日(水曜日)

5月1日(火曜日)・7日(月曜日)・8日(火曜日)・14日(月曜日)

観覧料

大人300円・高校生150円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料

展示資料

犬ころがし

犬ころがし(浜松張子)

腰高虎

腰高虎(三春張子)

まんじゅう喰い

まんじゅう喰い(伏見土人形)

関連イベント

ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)

  • 日時:4月14日(土曜日)・26日(木曜日)・5月13日(日曜日)、午後2時~2時30分

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?