ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 太田用成没後百年記念 テーマ展「七科約説と浜松の医療史」

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

太田用成没後百年記念 テーマ展「七科約説と浜松の医療史」

明治11年、浜松県立浜松病院長で浜松医学校校長の太田用成と医師たちが翻訳出版した「七科約説」は、西洋医学の本格的な教科書がなかった当時、全国に普及し長く医学界で使用されました。
この企画展は、「七科約説」を柱として、浜松の近代医療とそれを取り巻く人と文化をいくつかの視点から眺め、現代へとつながる先賢たちの歩みをご紹介します。

開催概要

開催期間

平成24年9月8日(土曜日)~10月8日(月曜日)

開催場所

浜松市博物館 特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

展示期間中の休館日

9月10日(月曜日)、18日(火曜日)、24日(月曜日)、10月1日(月曜日)

太田用成

 

 七科約説

太田用成

 

七科約説

七科約説

七科約説

七科約説

七科約説

七科約説

七科約説

 近代浜松の医療史略年表

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?