ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 豊橋自然史博物館共催干支展「アンモーンの石」

ここから本文です。

更新日:2017年2月10日

 豊橋自然史博物館共催干支展「アンモーンの石」

かつてアンモナイトは、ヒツジの角を持った古代ギリシアの神アンモーンの角と考えられていました。展示会ではこれにちなみ、様々な形のアンモナイトやヒツジに関連した民俗資料等をご紹介します。

開催概要

開催期間

平成27年3月10日(火曜日)~平成27年5月10日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館コンコース

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

3月16日(月曜日)

4月6日(月曜日)・13日(月曜日)・20日(月曜日)・27日(月曜日)・30日(木曜日)

5月7日(木曜日)

観覧料

大人300円・高校生150円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料

展示資料

ホプリテス

アンモナイト(豊橋自然史博物館所蔵)

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?