ここから本文です。

更新日:2019年7月5日

 テーマ展「商いのしるし」

開催概要

 商家のなかには、その家を象徴するものとして、記号や文字を組み合わせた「家印」を定めているところが多くあります。もともと占有や所有を表すために用いられていた家印ですが、商家においては、その商家を象徴すると同時に、「信用」を表すものとして、様々な場面において用いられてきました。本テーマ展では、それらの家印を中心に商家で用いられたしるしを通して、浜松地域の商いの様子を紹介していきます。

開催期間

令和元年7月13日(土曜日)~令和元年9月16日(月曜日)

開催場所

浜松市博物館特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

毎週月曜日、7月16日(火曜日)

7月15日・7月22日・7月29日・8月5日・8月12日・8月19日・9月16日は開館

観覧料

大人300円・高校生150円・中学生以下無料

70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料

展示資料

通い徳利

近江屋菓子型

商売繁栄双六

関連イベント

ギャラリートーク(今回のテーマ展に関するお話をします。)

  • 日時:7月27日(土曜日)・8月9日(金曜日)・8月30日(金曜日)、午後2時~2時30分

    7月27日(土曜日)のギャラリートークはゲストに松作商店(中区肴町)の鈴木様をお迎えし、

    お話をしていただきます。

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?