ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 市民コレクター展「真空管ラジオ」

ここから本文です。

更新日:2014年8月10日

 市民コレクター展「真空管ラジオ」

大正14年(1925)に日本でラジオ放送が始まりました。最初は高級品であったラジオも、やがて国産品の登場や真空管の開発により、家庭へ普及していきました。

テレビが普及する1960年代までは、ラジオは人々の貴重な情報源でした。そこで、市民コレクターの方が収集した真空管ラジオを中心に、デザインや機能に着目して、ラジオの歴史や重要性を、時代背景とともにご紹介していきます。

開催概要

開催期間

平成26年9月13日(土曜日)~平成26年10月19日(日曜日)

開催場所

浜松市博物館特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時

期間中の休館日

9月16日・22日・24日・29日、10月6日・14日

展示資料

真空管ラジオ

いろいろな真空管ラジオ

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?