ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 災害時の福祉 > 災害時の福祉避難所について

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

災害時の福祉避難所について

福祉避難所とは

地震や風水害その他の災害が発生した場合、市が設置する一次避難所(市立小・中学校)等での生活において特別な配慮を必要とする方を対象とした24時間体制の二次的な避難所です。
受け入れ対象者は、原則として一次避難所での生活が困難であり、常時介護を要しない在宅の高齢者、障がいのある人等の災害時要援護者です。また、介護等にあたる最低限の家族も受け入れます。
なお、福祉避難所は、必要に応じて開設される二次的な避難所であり、最初から福祉避難所として利用することはできません。このため、本市では施設名称を公表しておりません。

福祉避難所の指定

市は、要援護者を二次的に受け入れる避難所として、福祉施設を運営する法人等と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結し、施設を「福祉避難所」として指定します。
指定対象施設は、主に老人福祉センター、介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設・介護療養型医療施設等入所施設)及びデイサービス・デイケア等通所系施設とします。

福祉避難所の指定及び開設・運営マニュアル

「福祉避難所の指定及び開設・運営マニュアル」(平成22年12月)(PDF:217KB)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部高齢者福祉課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2789

ファクス番号:053-458-4885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?