ここから本文です。

更新日:2014年7月31日

生物多様性

生物多様性とは

 生物多様性とは、生物の豊かな個性とそのつながりのことを指します。

生物多様性はままつ戦略

 本市では、平成25年3月に、市民や事業者などとともに生物多様性保全と持続可能な利用に向けた取組みを体系的・総合的に推進し、生物多様性の危機に対応することで持続可能な都市の構築を目指す基本的かつ総合的な計画として、生物多様性はままつ戦略を策定しました。 

外来生物について

 「外来生物」とは、もともとその地域にはいなかった生物のことで、現在、それらが私たちや、私たちの住む環境に与える影響が問題になってきています。平成17年6月には、外来生物が環境に与える悪影響の防止と、被害の拡大阻止を目的として外来生物法が施行されました。

外来生物とは

「特定外来生物」とは

私たちにできること

 私たちを取り巻く自然環境や生態系は、とても複雑で繊細なものです。ちょっとしたことが、大きな環境の変化をひきおこします。例えば、湖で釣った魚を違う湖で放す、飼いきれなくなったペットを野外へ放す、ということなどは、今ある環境や生態系を壊してしまうことにつながります。

 そうならない、そうしないためにも、外来生物のことを正しく知って、「入れない・捨てない・拡げない」という3大原則をきちんと守ることで、自分が住んでいる自然の輪をなるべく壊さないように心がけていきましょう。

 

←自然との共生に戻る

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所環境部環境政策課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6146

ファクス番号:053-450-7013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?