現在の位置  : ホーム > 参加しよう “健康づくり” > サイクリングをはじめたい

更新日:2021年3月24日

ここから本文です。

サイクリングをはじめたい

サイクリングの効果

自転車は手軽な移動手段として、通勤・通学等にも利用されています。ペダルをこぐことで下半身全体の筋力を鍛え、また、一定時間・一定距離をこぎ続けることで有酸素運動になり、効果的なダイエットにもつながります。

1.有酸素運動

有酸素運動は、筋肉に軽い負荷をかけながら規則的な運動を繰り返し、酸素を取り込んで体内の脂質や糖質を燃やす運動のことをいいます。自転車はサドルにお尻を乗せている分、楽に感じるため、比較的長時間・長距離こぎ続けることができ、有酸素運動になります。

2.下半身70%の筋肉を使うため運動効率がいい

下半身全体の筋力は全体の70%を占めています。また自転車をこぐときに使う筋肉は体の中で一番大きな筋肉である「太もも」です。年齢とともに衰えやすい筋肉であるためしっかりと鍛えましょう。

3.腸腰筋を鍛えられる

腸腰筋は股関節前面の深層部に位置する筋肉で、インナーマッスルの1つです。腸腰筋は足を前に出すはたらきがあり、姿勢を維持するためにも大切な筋肉です。自転車で腸腰筋が使われるのはペダルをこいで足を引き上げる時の動きになります。

4.膝や腰への負担が少ないので、体重が多い人でも始めやすい

自転車はサドルと車輪に体重がかかっているので、ランニングなどと比べると膝や腰への負担が少ないスポーツです。また、左右の足を均等に動かさなければまっすぐ進まないため、自然に体の歪みを矯正してくれる効果もあります。

5.気分転換、ストレス解消

自転車は周囲の風景を見ながら風を切って走る爽快感から、ストレス解消や精神的健康度を良好に保つことができ、抑うつ症状の抑制にもつながるといわれています。

自転車

<参考>

おすすめサイクリング

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。