緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2020年1月10日

UDデジタル紙芝居

浜松市では、「心のユニバーサルデザイン(UD)」の普及を目指し、平成24年度UD協働委託事業として、子ども向けのUDデジタル紙芝居を作成しました。
この教材は、日常のできごとを題材に、心のUDを考えることができるようになっています。

学校での総合的学習や道徳の時間、地域でのUD学習などで、是非、ご活用ください。

 

ご利用・貸出しについて

  • 紙芝居は、パワーポイント版と紙版があります。
  • パワーポイント版をご希望される場合には、下記問合せ先までご連絡ください。CDを送付させていただきます。
    ※パワーポイント版には、音声は吹き込まれておりません。
  • 紙版をご希望される場合には、下記の初級編・中級編・上級編からダウンロードできますので、印刷してご利用ください。
    また、各編それぞれ10セットまで紙芝居の貸出しも行っています。貸出しをご希望される場合には、下記問合せ先までご連絡ください。
    貸出申請書(WORD(Word:33KB) / PDF(PDF:79KB)) ・ 返却届(WORD(Word:38KB) / PDF(PDF:61KB))
    ※貸出しは、お越しいただくことができる方に限らせていただきます。
    ※ご希望の日程によっては、お貸しできない場合がございます。ご了承ください。

この「UD紙芝居」の企画制作は、NPO法人アクション・シニア・タンクによるものです。

1.初級編

※パワーポイントの操作ができる方なら誰でも使えます。

タイトル

『みんながしってるまほうのことば』

目的

「ありがとう」の言葉は人と人をつなぐ大事な言葉だ!と気付く

対象年齢

小学1年生から3年生

所要時間

5分から10分

画像:「みんながしってるまほうのことば」表紙

参考

2.中級編

※パワーポイントの操作が出来て、ワークショップ経験のある方向け

タイトル

『みんなが発信つながる心』

目的

日頃の地域のコミュニケーションやちょっとした手助けを通して、地域のつながりの大切さを学ぶ

対象年齢

小学3年生から6年生

所要時間

10分から15分
(ワークショップ次第で時間調整可能)

画像:「みんなが発信つながる心」表紙

参考

3.上級編

※パワーポイントの操作が出来て、ワークショップに熟練した方向け

タイトル

『みんなが見ているやさしい気持ち』

目的

社会の中で、困っている人に気づく。声をかけて手助けをする。でも好意が断られることもある。そんな時の自分と相手の気持ちを想像して、どんなことが大切なのか考えてみる。

対象年齢

小学5年生から中学生

所要時間

10分から15分
(ワークショップ次第で時間調整可能)

画像:「みんなが見ているやさしい気持ち」表紙

参考

※このUDデジタル紙芝居の著作権は、浜松市に帰属しています。

 

【ユニバーサルデザイン】トップへ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部UD・男女共同参画課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2364

ファクス番号:053-457-2750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?