緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 施策・計画 > ユニバーサルデザイン > UD推進体制 > 八幡駅周辺バリアフリー基本構想

ここから本文です。

更新日:2020年11月17日

八幡駅周辺バリアフリー基本構想

浜松市では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」に基づき、「八幡駅周辺バリアフリー基本構想」を策定しました。

バリアフリー法とは

高齢者・障がい者・妊産婦・けが人などの、移動や施設利用の利便性と安全性の向上を図るため、公共交通機関・施設及び広場・通路などのバリアフリー化を一体的に推進することを定めた法律です。

 

バリアフリー基本構想とは

バリアフリー法に基づき、市町村が、高齢者・障がい者などが利用する施設が集まった地区(重点整備地区)において、鉄道駅等の旅客施設、道路、公園等の公共施設、高齢者・障がい者などが利用する公共的な建築物等のバリアフリー化を重点的かつ一体的に推進するため、重点整備地区の範囲、バリアフリー化を図る経路(生活関連経路)、バリアフリー化のために実施すべき事業(特定事業)の内容などを定める構想です。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部UD・男女共同参画課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2364

ファクス番号:053-457-2750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?