ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > コミュニティ・スクール推進事業

ここから本文です。

更新日:2020年6月8日

コミュニティ・スクール推進事業

~やらまいか! 地域とともにある学校づくり~

目的

学校・家庭・地域が力を合わせて学校の運営に取り組む仕組みである「学校運営協議会制度」を導入した学校を「コミュニティ・スクール」といいます。

浜松市では、平成28年度から推進モデル校を選定し、制度の試行・検証を行ってきました。令和2年度から法に基づくコミュニティ・スクールを市立小中学校に順次導入し、令和6年度までに全市立小中学校への導入を目指しています。

内容

  • 学校運営協議会の設置・運営
  • 学校運営協議会委員、学校支援コーディネーター、CSディレクターなどを対象とした研修会の実施 
  • コミュニティ・スクールについての理解・周知を図るための情報発信

法に基づくコミュニティ・スクール

1.法に規定された学校運営協議会制度

国は、学校運営協議会制度を導入した学校を「コミュニティ・スクール(CS)」と定義しています。コミュニティ・スクールは、学校と地域等が力を合わせて学校の運営に取り組むために有効な仕組みです。地方教育行政の組織及び運営に関する法律(以下「地教行法」という)に規定された、学校運営協議会の主な役割は次の三つです。

  1. 校長が作成する学校運営の基本方針を承認する。
  2. 学校運営について、教育委員会又は校長に意見を述べることができる。
  3. 教職員の採用その他の任用に関して、教育委員会規則で定める事項について、教育委員会に意見を述べることができる。

文部科学省のウェブサイト(別ウィンドウが開きます)

2.浜松市で令和元年度まで試行していたコミュニティ・スクール推進モデル校運営協議会

令和元年度まで浜松市で試行していたコミュニティ・スクール推進モデル校運営協議会(以下「運営協議会」という)は、地教行法に規定された学校運営協議会の要件を満たしていません。国のいうところの「コミュニティ・スクールに類似した取組」でした。

平成28年度4校、平成29年度8校、平成30年度17校、令和元年度24校で試行しました。

3.令和2年度から導入した学校運営協議会制度

モデル校での試行を経て、令和2年度から市内小・中学校に地教行法に基づいた学校運営協議会制度を導入しています。

浜松市のコミュニティ・スクールの仕組み

浜松市のコミュニティ・スクールは、学校運営に保護者や地域住民の声を積極的に生かし、地域と一体となって、学校運営の改善や児童生徒の教育活動の充実を図ることができる仕組みです。

浜松市のコミュニティ・スクールの仕組み

1.浜松市のコミュニティ・スクールの特徴

  • 学校支援コーディネーターの配置
    学校運営協議会で熟議した「学校運営に必要な支援」を実現するため、地域人材の発掘、支援の企画・調整などを行います。
  • CSディレクターの配置
    コミュニティ・スクール導入により増加する教職員の業務負担を軽減するため、学校運営協議会の会議運営に関する事務作業を担います。また、学校運営協議会に関する情報発信や、保護者・地域住民からの意見収集を担います。
  • はままつ人づくりネットワークセンターによる補完
    学校支援活動(講座)を実施できる団体・個人を登録して、ウェブサイト上で公開し、学校支援活動を行う地域人材を補完します。

リーフレット「浜松市でコミュニティ・スクールが始まります!」(PDF:629KB)

はままつ人づくりネットワークセンター(別ウィンドウが開きます)

2.学校運営協議会の役割

学校運営協議会では、学校運営の基本方針や目指す子供の姿、学校の課題などを学校と地域が共有し、その実現や解決に向けた取組について話し合います。この話合いを受け、学校支援コーディネーターが地域の組織や人材等を学校につなぎ、学校運営に必要な支援を実現します。この仕組みにより、学校と地域等が力を合わせて学校運営に取り組み、子供たちの豊かな成長を支えていきます。学校運営協議会の主な役割は次の三つです。

  1. 校長が作成する学校運営の基本方針や目指す子供の姿、学校の課題などを学校と地域が共有する。
  2. 学校運営の基本方針や目指す子供の姿の実現、学校の課題などの解決に向けた取組について話し合う。
  3. 学校支援コーディネーターが地域の組織や人材等を学校につなぎ、学校運営に必要な支援を実現する。

3.コミュニティ・スクール導入校

令和2年度からコミュニティ・スクールを導入した学校の一覧です。

中区 竜禅寺小学校(別ウィンドウが開きます) 広沢小学校(別ウィンドウが開きます) 萩丘小学校(別ウィンドウが開きます) 富塚小学校(別ウィンドウが開きます) 鴨江小学校(別ウィンドウが開きます)
城北小学校(別ウィンドウが開きます) 花川小学校(別ウィンドウが開きます) 泉小学校(別ウィンドウが開きます) 佐鳴台小学校(別ウィンドウが開きます) 富塚西小学校(別ウィンドウが開きます)
双葉小学校(別ウィンドウが開きます) 佐鳴台中学校(別ウィンドウが開きます) 富塚中学校(別ウィンドウが開きます)    
東区 与進小学校(別ウィンドウが開きます) 豊西小学校(別ウィンドウが開きます) 笠井小学校(別ウィンドウが開きます) 中郡小学校(別ウィンドウが開きます)  笠井中学校(別ウィンドウが開きます)
西区 雄踏小学校(別ウィンドウが開きます) 庄内学園(別ウィンドウが開きます) 雄踏中学校(別ウィンドウが開きます)    
南区 砂丘小学校(別ウィンドウが開きます) 東部中学校(別ウィンドウが開きます) 可美中学校(別ウィンドウが開きます)    
北区  都田小学校(別ウィンドウが開きます) 都田南小学校(別ウィンドウが開きます) 気賀小学校(別ウィンドウが開きます) 三ヶ日東小学校(別ウィンドウが開きます) 三ヶ日西小学校(別ウィンドウが開きます)
平山小学校(別ウィンドウが開きます) 尾奈小学校(別ウィンドウが開きます) 引佐北部小中学校(別ウィンドウが開きます) 都田中学校(別ウィンドウが開きます) 細江中学校(別ウィンドウが開きます)
三ヶ日中学校(別ウィンドウが開きます)        
浜北区 浜名小学校(別ウィンドウが開きます) 北浜小学校(別ウィンドウが開きます) 麁玉小学校(別ウィンドウが開きます) 新原小学校(別ウィンドウが開きます) 北浜南小学校(別ウィンドウが開きます)
浜名中学校(別ウィンドウが開きます) 麁玉中学校(別ウィンドウが開きます)      
天竜区 犬居小学校(別ウィンドウが開きます) 気田小学校(別ウィンドウが開きます) 浦川小学校(別ウィンドウが開きます) 春野中学校(別ウィンドウが開きます) 佐久間中学校(別ウィンドウが開きます)
水窪小学校(別ウィンドウが開きます)        
水窪中学校(別ウィンドウが開きます)

4.研修会等の開催

コミュニティ・スクールに関する各種研修会等を開催しています。

コミュニティ・スクール推進フォーラム 教育委員、市議会議員、行政職員、教職員、コミュニティ・スクール導入校関係者(運営協議会委員、学校支援コーディネーター、教職員)などを対象に、講演や実践発表、パネルディスカッションなどを通してコミュニティ・スクールを導入するメリットや円滑な方法、コミュニティ・スクール推進モデル校の取組について周知する。
コミュニティ・スクール担当教職員等説明会 校長、教頭、コミュニティ・スクール担当教職員を対象に、制度内容、運営方法、教育委員会規則、事務処理方法などについて説明する。
地域とともにある学校づくり研修 教職員を対象に、講話やグループワークを通して、学校・家庭・地域の連携の在り方、コミュニティ・スクールについての理解を深める。
学校運営協議会委員研修会 学校運営協議会委員を対象に、講話や模擬運営協議会などを通して学校教育及びコミュニティ・スクールについての理解を深める。
学校支援コーディネーター研修会 学校支援コーディネーターを対象に、講話やグループワークなどを通して学校支援コーディネーターとしての資質能力の向上を図る。
CSディレクター研修会 CSディレクターを対象に、講話やグループワークなどを通してCSディレクターとしての資質能力の向上を図る。
コミュニティ・スクール担当者事務連絡会 コミュニティ・スクール導入校担当教職員を対象に、コミュニティ・スクールの制度及び事務処理方法について説明する。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部教育総務課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟6階

電話番号:053-457-2401

ファクス番号:053-457-2404

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?