緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税Q&A > 固定資産税、都市計画税の「Q&A」404

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

固定資産税、都市計画税の「Q&A」404

Q&A番号:404
火災で焼失した家屋の税金はどうなりますか?

Q404

  • 年の途中に火災で焼失した家屋の税金はどうなりますか?

A404

  • 火災、風水害、地震等により、固定資産に被害を受けた場合、その被害の程度に応じて、当該年度の固定資産税・都市計画税を減免する制度を設けています。

    家屋に被害を受けられた場合には、被害の程度に応じて、家屋にかかる固定資産税が免除されます。「減免申請書」と「り災証明書」を資産が所在する区の担当グループに提出してください。なお、災害発生日以降の納期に係る税額が免除の対象となります。

    この場合の手続きは、減免申請書に、り災証明書を添付していただくことになります。
    固定資産税(都市計画税)減免申請書(PDF:119KB)

 

 

固定資産税、都市計画税の「Q&A」へ戻る

固定資産税・都市計画税へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?