緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税Q&A > 固定資産税、都市計画税の「Q&A」104

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

固定資産税、都市計画税の「Q&A」104

Q&A番号:104
固定資産税はいつからいつまでの税なのですか?

Q104

  • 土地の売買をするにあたり、買主との間で固定資産税を月割按分しようと考えておりますが、いつからいつまでの割合で按分すればよいのでしょうか?

A104

  • 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在において固定資産課税台帳に所有者として登録されている方に対し、その年の4月1日から始まる会計年度分の税として課税する年税であり、いつからいつまでの期間に対して課税するものではありません。

    したがって、売主と買主との間で固定資産税を月割按分して負担したい場合、按分の割合(いつからいつまでにするのか等)について、当事者間の話し合いで決めていただく必要があります。

 

固定資産税、都市計画税の「Q&A」へ戻る
固定資産税・都市計画税へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?