緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 令和3年度の固定資産の価格に対する審査の申出について

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

令和3年度の固定資産の価格に対する審査の申出について

固定資産課税台帳に登録された価格に関して不服がある場合には、固定資産評価審査委員会に対し、審査の申出をすることができます。審査の申出は、原則として基準年度にのみ行うことができ、令和3年度がその基準年度に当たります。

審査の申出は、4月1日から納税通知書の交付を受けた日後3か月を経過する日までの間、することができます。

 

しかし、新型コロナウイルスに関する対策の1つとして、令和3年度の固定資産税に限り、土地の価格が上昇しても税負担を据え置く特例措置が設けられていたことを踏まえ、当該特例の適用を受けた土地に限り、令和3年度の納税通知書の交付を受けた日後15か月を経過する日までの間、審査の申出をすることができる措置が設けられました。
(関連ページ:令和3年度分の固定資産税に係る価格に関する審査の申出の特例)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?