ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 水道について > 水道の仕組み > 水の豆知識 > 水道管の凍結にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2018年1月6日

水道管の凍結にご注意ください

寒さは、水道管の大敵です。水道管が凍結しないように、防寒対策をしましょう。

なお、水道メーターについても凍結し破損することが有りますので定期的にご確認ください。

特に凍結しやすい場所

  • 風当たりの強い戸外にある水道管
  • 北向きで、日影にある水道管
  • むき出しになっている水道管

イラスト

凍結防止のしかた

水道管に保温材を巻きます。じゃ口が破損しやすいので、上部まで完全に包んでください。保温材は、身近なものとして毛布や布があります。保温材の上からビニールなどを巻いて、保温材がぬれないようにしましょう。

水道管が凍ってしまったら

自然にとけるのを待つか、タオルや布をかぶせてその上から、ぬるま湯をまんべんなくかけながら、ゆっくり、気長にとかしてください。急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂します。

水道管が破裂したら

宅地内の止水栓をしめ、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
宅地内の止水栓の場所がわからない場合には、タオルやビニールテープ等を巻きつけ、応急手当をして、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

お問い合わせ

お問い合わせは、水道のご利用地区を担当する各課・室まで

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所上下水道部お客さまサービス課

〒430-0906 浜松市中区住吉五丁目13-1

電話番号:053-474-7812

ファクス番号:053-474-3631

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?