ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 病気の知識 > レジオネラ症について

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

レジオネラ症について

レジオネラ症とは

レジオネラ属菌によって起こる感染症で、乳幼児、高齢者、免疫機能の低下している人がかかりやすい傾向にあります。
この感染症には「レジオネラ肺炎」「ポンティアック熱」の2つの型があります。

レジオネラ属菌とは

  • 自然界の土壌や淡水(川や湖)に広く生息
  • アメーバ類などの原生動物内で増殖

潜伏期間

レジオネラ肺炎

2~10日

ポンティアック熱

1~2日

主な症状

レジオネラ肺炎

全身倦怠(けんたい)感、頭痛、食欲不振、筋肉痛などの症状に始まり、せきや38℃以上の高熱、寒気、胸痛、呼吸困難が見られるようになります。まれですが、心筋炎などの肺以外の症状が起こることもあります。
また、意識レベルの低下、幻覚、手足が震えるなどの中枢神経系の症状や、下痢がみられるのもレジオネラ肺炎の特徴とされています。軽症例もあるものの、適切な治療がなされなかった場合には急速に症状が進行することがあり、命にかかわることもあります。

ポンティアック熱

ポンティアック熱は、突然の発熱、悪寒、筋肉痛などの症状がみられますが、一過性のもので、自然に治癒します。

感染経路

レジオネラ症は、主にレジオネラ属菌に汚染されたエアロゾル(細かい霧やしぶき)の吸入などによって、細菌が感染して発症します。レジオネラ属菌はヒトからヒトへ感染することはありません。

エアロゾル感染

レジオネラ属菌に汚染されたエアロゾルを吸入することによって感染します。代表的なエアロゾル感染源としては、冷却塔水、加湿器や循環式浴槽などが報告されています。

吸引・誤嚥(ごえん)

エアロゾル感染以外に、温泉浴槽内や河川でおぼれた際に汚染された水を吸引・誤嚥(ごえん)したことによる感染事例が報告されています。

土壌からの感染

レジオネラ属菌が汚染された腐葉土の粉じんを吸い込んだことが原因と推定される感染事例が報告されています。

家庭での予防方法

家庭風呂

  • 浴槽に入る前に、身体の汚れを落としましょう。
  • 24時間風呂のお湯は適時取り換え、浴槽、ろ過装置、配管の清掃を行うなどメーカーの取扱い説明書に従い、適正に管理しましょう。
  • ジェット噴射装置や泡風呂などは、細かい水滴を多量に発生させるため注意が必要です。

加湿器

  • 超音波振動、遠心力などを加えて水を霧状にするタイプのものは、水を毎日取り換え、衛生的な水を使用しましょう。
  • タンクの内側を洗浄して清潔にしておきましょう。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健所 生活衛生課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6118

ファクス番号:053-453-6230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?