ここから本文です。

更新日:2016年6月2日

豊かな漁場「遠州灘」

遠州灘の風景

 浜名漁業協同組合の主な漁場である遠州灘は、愛知県境から御前崎に至る東西70kmの沿岸域で、主に舞阪と新居に所属する漁業者が操業しています。

 主な漁業はシラス漁で、漁期は3月から翌年1月と比較的長い期間行われます。そのうち、最盛期は4月から6月と9月から10月です。シラス漁では船曳網漁業が行われ2艘曳き65統、130隻を数え日本でも有数の水揚量を誇っております。また、船曳網漁業によりタイ、イサキ、アジ、タチウオなど、刺網漁業によりコチ、ヒラメ、カニなどの漁獲があります。他にも自由漁業によるカツオ一本釣漁業や、遠州灘天然トラフグでブランド化した延縄漁業などがあります。このような漁法や漁網及び出漁時期については、県知事の許可により行われています。これは、資源保護・資源管理を通して、将来にわたって遠州灘の水産業が持続可能であるための措置です。なお、浜名漁業協同組合では700g以下のトラフグは放流する、マダイは17cm以下を放流する、ヒラメは30cm以下を放流する、抱卵ガザミは出荷しない、などの規定を定め、資源保護を進めています。

魚種

主な水揚げ場所

水揚げ時期

漁獲方法

シラス

舞阪・新居

4月~1月中旬

2艘船曳き網

トラフグ

舞阪

10月~2月末日

延縄・手釣り

アジ類

舞阪

6月~9月

2艘船曳き網

サバ類

舞阪

6月~9月

2艘船曳き網

タチウオ

舞阪

6月~9月

2艘船曳き網・手釣り

アマダイ

舞阪

6月~9月

刺し網

アカザエビ(テナガエビ)

舞阪

6月~11月

刺し網・底曳き網

カツオ

舞阪・新居

4月~7月上旬

引き縄

メヒカリ

舞阪

9月~5月中旬

底曳き網

タイ類

舞阪

10月~12月3月~5月

2艘船曳き網

クロダイ

舞阪

10月~12月3月~5月

2艘船曳き網

ハモ

舞阪

4月~9月

2艘船曳き網・底曳

サヨリ

舞阪

2月中旬~4月上旬

2艘船曳き網

ガザミ

舞阪

4月~9月

刺し網

イトヨリダイ

舞阪

4月~12月

船曳・底曳き網

ヒラメ

舞阪

4月~12月

船曳・底曳き網

 

 

←「浜松市水産物旬のカレンダー」トップページに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-592-8816

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?