緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 歯と口の健康 > 浜松市歯科口腔保健推進計画中間評価・後期計画 > 第3章 歯科口腔保健向上のための市民と歯科口腔保健を推進する専門団体の取り組み

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

第3章 歯科口腔保健向上のための市民と歯科口腔保健を推進する専門団体の取り組み

1.市民の取り組み

歯と口の健康を保持増進するためには、市民一人ひとりが自ら取り組まなければならないことがあります。以下に、市民の具体的な取組を各年代に応じてまとめました。これらの市民の取り組みを行政や歯科口腔保健を推進する専門団体が支援します。

すべての市民は、子どもの頃から高齢期まで、生涯自分の歯と口で食べ、話す楽しみを享受でき、健康で質の高い生活を実現するために、8020運動に取り組みます。

(1)妊娠期・乳幼児期

目標(方向性)

歯と口の健康やフッ化物の利用方法等について正しい知識を身につけ、親子で歯と口の健康づくりに努めます。

市民の具体的な取り組み

  • 妊娠中や産後には歯と口のチェックを受けます。
  • 正しく「食べる」(かむ、のみこむ)力を身につけ五感を育てます。
  • フッ化物塗布を定期的に受けます。
  • フッ素入り歯みがき剤を使って歯をみがきます。
  • 砂糖の入った食べ物や飲み物を1日に何回もとらないようにします。

(2)学齢期

目標(方向性)

歯と口の大切さやフッ化物利用の効果について理解するとともに、自ら規則正しい生活習慣・歯みがき習慣・食習慣を身につけます。

市民の具体的な取組

  • よくかんで味わい、五感を使って楽しく、規則正しい食習慣を身につけます。
  • 1日1回自分の歯と歯ぐきを見て、歯と口の健康管理をします。
  • フッ素入り歯みがき剤を使って歯をみがきます。
  • フッ化物塗布を定期的に受けます。
  • 糸つきようじ等を使って歯と歯の間を清潔に保ちます。
  • 砂糖の入った食べ物や飲み物を1日に何回もとらないようにします。
  • かかりつけ歯科医院を持ち、歯と口のチェックを定期的に受けます。

(3)成人期

目標(方向性)

歯と口の健康づくりのために、かかりつけ歯科医院で歯科検診・保健指導を受け、自分自身で必要なケアに取り組みます。

市民の具体的な取組

  • 1日1回自分の歯と歯ぐきを見て、歯と口の健康管理をします。
  • 自分の口に合った歯のみがき方を身につけます。
  • フッ素入り歯みがき剤を使って歯をみがきます。
  • 歯間ブラシや糸つきようじ等を使って歯と歯の間を清潔に保ちます。
  • かかりつけ歯科医院を持ち、歯と口のチェックを定期的に受けます。
  • よくかんで味わって食べること、栄養バランスのよい食事をとることで歯と口の健康維持、生活習慣病予防に努めます。

(4)高齢期

目標(方向性)

歯の喪失等による口腔機能の低下を防止し、生涯、自分の口で食べることや話すことを楽しめるように取り組みます。

市民の具体的な取組

  • 口腔ケアに関する知識を得て、自分の口に合った歯のみがき方や健口体操を身につけます。
  • かかりつけ歯科医院を持ち、歯と口のチェックを定期的に受けます。
  • フッ素入り歯みがき剤や適切な口腔清掃器具を使って歯を清潔に保ちます。
  • 要支援や要介護状態においても、かかりつけ歯科医院等に相談し、口腔機能の維持向上を目指します。
  • 食べる機能に合わせた食を選び、口腔機能の維持向上を目指します。

(5)障がい者の歯科

  • かかりつけ歯科医院を持ち、歯と口のチェックを定期的に受けます。
  • フッ素入り歯みがき剤や適切な口腔清掃器具を使って歯を清潔に保ちます。
  • 保護者や介助者による適切な口腔清掃方法によって歯と口を清潔に保ちます。

2.歯科口腔保健を推進する専門団体の取り組み

  • 市民の歯と口の健康の向上を目指すために、市と歯科医療関係者が協力しながら歯と口の健康づくりの取組を行っています。
  • ここでは、歯科口腔保健を推進する専門団体として、一般社団法人浜松市歯科医師会、特定非営利活動法人静岡県歯科衛生士会西部支部及び公益社団法人静岡県歯科技工士会浜松支部・浜名支部の取り組みを紹介します。

(1)一般社団法人浜松市歯科医師会

一般社団法人浜松市歯科医師会は、現在、病院歯科の勤務歯科医も含め正会員準会員合わせて約440名の歯科医師が所属しており、昭和58(1983)年に浜松歯科衛生士専門学校を設立し、以来、本会によって運営され地域歯科保健に貢献すべき歯科衛生士の養成を行っています。また、平成32(2020)年には本会設立百周年を迎えようとしており、永年に亘り浜松市民の公衆衛生に寄与してきました。

本会の主な活動は、歯科医療発展の為の歯科医学・技術の研鑽を行うことはもちろんですが、少子化と超高齢化による社会構造の大きな変化に伴い、市民ニーズの多様化に積極的に対応していかなければならないと考えています。

浜松市民の生涯に亘り、誰もが、何処に住んでいても、またどんな状態であっても、安心安全で質の高い歯科医療が受けられるよう、本計画の目標でもある市民の「心身の健康保持増進」「健康寿命の延伸」「生活の質の向上」を目指しています。

その取り組みは、浜松市より委託されている事業としての各種健診(検診)事業や市民公開講座などの啓発・広報活動や、各ライフステージ並びに状況に応じた歯科口腔保健への対応として関係諸団体や市民の皆さんと連携をしながら様々な事業を行っています。

浜松市より委託されている事業として

  • 妊婦歯科健康診査
  • 1歳6か月児歯科健康診査
  • 3歳児歯科健康診査
  • 学校(園)健康診断
  • 就学時健康診断
  • 歯周病検診
  • 障がい者施設歯科健診
  • 歯科訪問診査
  • 休日救急歯科診療事業
  • 市民公開講座

具体的な取り組みとして

  • すべてのライフステージにおいて、かかりつけ歯科医としての定期的な歯科検診(健康診査及び健康診断を含む)、歯科保健指導、予防処置を行い健全な歯科口腔保健の維持向上に努めています。
  • 浜松市より委託されている1歳6か月児・3歳児歯科健康診査などの集団健診事業に協力し、子どもたちの健全な口腔機能育成について指導を行います。
  • 学校歯科医として、学校(園)歯科健康診断や学校保健委員会に協力し児童生徒への適切な口腔保健指導を行っています
  • 食育を支援し、健全な口腔機能の獲得・育成のための食べ方の指導に努めています。
  • 静岡県後期高齢者医療広域連合から委託された後期高齢者歯科健診をはじめ、各健保組合等委託の事業所歯科健診、酸を取扱う事業所の歯科健診を実施しています。
  • 浜松市民への啓発活動として、浜松市と協働して「歯と口の健康週間事業」「市民公開講座」を実施しています。
  • かかりつけ歯科医として、市民の定期的な歯科検診、歯科保健指導等を実施し、家庭における浜松市民の取組みに適切な情報や有益な保健指導の提供に努めています。
  • いかなる状況下の浜松市民も迷えることなく歯と口の健康保持増進・口腔管理が出来、心身の健康保持・増進、健康寿命の延伸、生活の質の向上を目指せるよう浜松地域連携口腔管理システムの環境を整備しています。
  • 医科医療機関・訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所・地域包括支援センター等との連携を促進し、多職種連携を図り、地域の実情に応じた地域包括ケアシステムの環境整備に努めています。
  • 日常の健診や診療を通して、子ども・高齢者・障がい者等に対する虐待を疑う場合は、関係機関と連携しながら、適切な支援に結び付けます。
  • 障がい者親の会と情報交換会の開催、及び、障がい者歯科協力歯科医院登録制度を構築し運用しています。
  • 口腔粘膜疾患(口腔がん)検診体制の検討を行っています。
  • スポーツ歯学への取り組みを行っています。
  • 超高齢社会に対応出来るかかりつけ歯科医や歯科衛生士の育成を行うと共に、適切な口腔保健サービスが提供出来、浜松市民が生涯を通じて口から食べることが出来るよう、研修会などで知識や技術の習得に努めています。
  • 要介護高齢者に対し、かかりつけ歯科医として歯科訪問診療の実施、歯科衛生士による訪問での口腔衛生指導の実施に努めています。
  • 静岡県歯科技工士会の義歯刻銘事業に協力しています。
  • 健康はままつ21推進協力団体として健康はままつ21推進会議や浜松市歯科保健推進会議へ参加し浜松市民の歯と口の健康づくりを推進しています。
  • 8020運動の推進及び、8020推進診療所機能の充実に努めています。
  • 浜松市と災害時の医療救護活動に関する協定書を結び、浜松市防災会議への参加、浜松市医療救護計画への参画と浜松市が行う訓練(浜松市総合防災訓練・浜松市医療救護訓練)に協力しています。
  • 浜松歯科衛生士専門学校を運営しており、地域歯科保健の向上に貢献すべき歯科衛生士の養成を行っています。

(2)特定非営利活動法人静岡県歯科衛生士会西部支部

特定非営利活動法人静岡県歯科衛生士会は、昭和43(1968)年に任意団体として発足して、地域歯科保健の担い手として活動してきました。平成19(2007)年9月より、特定非営利活動法人格の認証を経て今日に至っています。

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第一条)ことを目的として、歯と口の健康づくりを支援する専門職です。関係諸団体と連携をとりながら、地域住民の健康な生活を支援しています。

1.会の取り組み

  • 市民への歯と口の健康づくりに関する普及啓発の推進
  • 障がいのある人の支援、高齢者、要介護者に対応できる歯科衛生士の養成と、知識・技能の研鑽

2.関係諸団体・多職種と連携した取り組み

  • 歯科衛生士のための知識技術の向上をめざした研修会の開催

3.災害時対策の取り組み

  • 大規模災害発生時に支援活動を行うための組織作り
  • 歯科衛生士の災害時の対応力と資質向上の為の研修会の開催(一般公開)の開催

4.浜松市と連携した取り組み(西部支部)

  • 口腔機能向上普及啓発事業への協力
  • 歯と口の健康週間事業への協力
  • 浜松市災害時歯科衛生士ボランティア登録への協力

(3)公益社団法人静岡県歯科技工士会浜松支部・浜名支部

歯科技工士とは、歯科医療において患者の症状に合った「歯科補てつ物」(入れ歯やかぶせ物など)を歯科医師の指示を受けて作成、修理、加工(「歯科技工」といいます。)することを仕事にしています。歯科技工士は患者に直接会うことは比較的少ないですが、患者の歯と口の健康回復を願い、良質な「歯科補てつ物」を作成することで、歯科医療の向上に貢献しています。

1.会の取り組み

  • 歯科技工士の技術向上を目的とした研修会の開催
  • 市民等に対する講演会等の開催、歯と口の健康づくりの啓発

2.関係諸団体・多職種と連携した取り組み

  • 義歯刻銘事業の実施
  • 歯と口の健康週間事業への協力
  • マウスガード、歯周治療用装置、舌接触補助床等の適応者への啓発活動
  • 歯科技工士の技術力向上のための研修会の実施

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部健康増進課 口腔保健医療センター

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6129

ファクス番号:053-453-3238

浜松市役所健康福祉部健康増進課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6125

ファクス番号:053-453-6133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?