緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 道路・交通・河川 > 施策・計画 > 浜松駅周辺改良基本構想

ここから本文です。

更新日:2019年8月26日

浜松駅周辺改良基本構想

1 構想策定の目的・背景

JR浜松駅の駅前広場は、完成後約30~40年が経過したことにより、ユニバーサルデザインへの対応、送迎レーンのピーク時混雑緩和、駅南地下駐車場の有効利用、そして交流促進等の機能付加が必要となっています。
このため、駅前広場及びその周辺を「浜松駅周辺」と位置付け、今後必要とされる機能更新の方向性について検討し、「浜松駅周辺改良基本構想」としてまとめました。

2 都心づくりの進め方

浜松市の都心については、様々な取り組みを進めています。
この取り組みの内、都心の交通に係るものとしては、「歩いて楽しめる回遊性の確保」を目指し、「JR浜松駅周辺の施設の改善」、「安全で快適な歩行空間の創出」や「都心への公共交通によるアクセス向上」等を進めています。
特に「浜松駅周辺」の交通については、多くの方々が徒歩、自転車、鉄道、バス、タクシー、マイカーで訪れることから、歩行者の回遊性・安全性、鉄道やバスの利便性、道路交通の円滑性等の向上が必要となっています。
これらのことから、「浜松駅周辺」の交通結節点機能や交流機能等の向上を目指します。

3構想の内容

  • 駅前広場及びその周辺の現況
  • 浜松駅周辺の将来像
  • 今後の進め方

構想の概要については、下記の構想本編(PDF形式)、構想概要版(PDF形式)をご覧ください。

構想本編

構想概要版

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部交通政策課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2441

ファクス番号:050-3730-5234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?