ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校保健・安全 > 地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業

ここから本文です。

更新日:2013年9月13日

地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業

事業の目的

学校や通学路における事件・事故が大きな問題になっている近年の状況を踏まえ、子どもたちが安心して教育を受けられるよう、家庭や地域の関係機関・団体と連携しながら、学校の安全管理に関する取組を一層充実する必要があります。
このため、安全で安心できる学校を確立するよう、巡回・警備等に従事する学校安全ボランティアを養成したり、防犯の専門家や警察OB等のスクールガード・リーダー(地域学校安全指導員)を市内全域の小学校に配置したりするなど、実践的な各種取組を通じて、地域が一体となって子どもたちの安全を見守る体制を整備していきます。

事業内容

(1)スクールガード・リーダーによる学校の巡回指導と評価等の実施

防犯の専門家や警察OB等をスクールガード・リーダーとして委嘱し、スクールガード・リーダーによる担当地域の学校への定期的な巡回、学校に対する警備のポイントや改善すべき点などの指導及び評価、並びに、学校安全ボランティアに対する指導を実施し、地域ぐるみで効果的・継続的な子どもの安全に向けた体制を整備します。

(2)学校安全ボランティア養成講習会の開催

学校や通学路で子どもたちを見守る学校安全ボランティアを養成するための講習会を開催します。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部健康安全課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟5階

電話番号:053-457-2422

ファクス番号:053-457-2579

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?