緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2022年7月1日

119救急ガイド

~救命リレーあなたの手から~

119救急ガイドは、救急に関する情報をまとめた冊子です。救急車を呼ぶかどうかの判断に迷ったときに手助けとなる「救急受診アプリQ助」の案内や、心肺蘇生法・応急処置の実施方法など、救急に役立つ情報を掲載しています。消防署や区役所で冊子版を配布していますので、ぜひご覧下さい。

予防救急を心がけましょう

事故を未然に防ぐ取組を「予防救急」といいます。ご自宅内で起きる事故の中には「ほんの少しの注意」や「事前の対策」で防げることがあります。事故の原因を知って、未然に防ぎましょう。

予防救急(PDF:290KB)

119番通報のポイント

119番通報すると、指令員が救急車の出動に必要なことを、順番にお伺いします。

緊急性が高い場合は、すべてをお伺いする前でも救急車が出動します。

1.「救急」であることを伝える。
2.救急車に「来てほしい住所又は場所」を伝える。
3.具合の悪い方の「症状」を伝える。
4.具合の悪い方の「年齢」を伝える。
5.あなたのお名前と連絡先を伝える。

通報のポイント(PDF:286KB)

ためらわずに119

意識がない(返事がない)又はおかしい(もうろうとしている)など意識の障害がある場合や、呼吸が苦しそう、けいれんが止まらないなどの症状がある場合は、ためらわずに119しましょう。

ためらわずに119する症状(PDF:709KB)

救急通報をしたあとに

救える命を救うためには、応急手当が重要です。

応急手当が必要な場合は、消防局から電話で指示されます。

救急車が到着するまではどうしても時間がかかります。

いざというときに、大切な方を救うためにも、正しい応急手当を身につけておきましょう。

お近くの消防署では応急手当の講習を行っています。消防署へお問い合わせください。

救急通報をしたあとに(PDF:303KB)

応急手当(PDF:935KB)

 

 

判断に迷った時は、救急受診アプリQ助(きゅーすけ)

急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「今すぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」「緊急ではありませんが、医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」)が表示されます。

救急受診アプリQ助(PDF:378KB)

 

119救急ガイド全文(PDF:3,908KB)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所消防局警防課

〒430-0905 浜松市中区下池川町19-1

電話番号:053-475-7562

ファクス番号:053-475-7539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?