緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年8月5日

紙上美術館No.174

ボッティチェリへのオマージュ「Venus and Mars」の模写

ボッティチェリへのオマージュ「Venus and Mars」の模写
藤井フミヤ 2019年制作 70×179cm ボールペン 紙
© FFM2021
~浜松市美術館 「藤井フミヤ展」より~

ミュージシャンとして知られる藤井フミヤ氏は、1993年に初のコンピュータグラフィックス展『FUMIYART~TAKE A BREAK~』を開催。作品のテーマは「未来の宗教画」、全国9か所で開催された展覧会はどの会場も反響が大きかった。その後も藤井氏は、1つの技法にとどまらず、デジタルとアナログを駆使して常に新しい画面の追求に努め、独自の表現を生み出してきた。
『ボッティチェリへのオマージュ「Venus and Mars」の模写』は、硬く極細のボールペンとの出会いから生まれた作品である。通常、線画は直線の集合で濃淡をつけていることが多く無機質な印象を与えるが、本作ではランダムな曲線を多用することで柔らかな表現を生み、ルネサンス絵画を現代によみがえらせた。
藤井氏は、宗教画が「SF」に見えるという。未来の絵という印象であり、完全に想像の世界を描いている宗教画から「様々な事を感じ教えられた」と語る。
自由な発想とあらゆる表現技法の追求という藤井氏の画家としての姿勢とこだわりが模写の領域を超えた唯一無二の作品を生んだに違いない。

浜松市美術館「藤井フミヤ展 デジタルとアナログで創造する多様な想像新世界」
8月22日(日曜日)まで開催

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所議会事務局調査法制課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2513

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?