緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 浜松市議会 > 議会基本条例 > 議会基本条例目次 > 浜松市議会基本条例第6章

ここから本文です。

更新日:2014年7月23日

浜松市議会基本条例第6章

第6章 議会改革の推進

第19条 議会は、地方分権の進展等議会を取り巻く社会情勢の変化に対応するため、継続的に議会改革に取り組むものとする。

2 議会は、継続的な議会改革の推進に関し協議又は調整を行うための組織を設置することができる。

【趣旨】

本条は、継続的に議会改革の推進に取り組むことについて規定しています。

【解説】

議会は、社会環境等の変化により新たに生じる市政の課題等に適切かつ迅速に対応する必要があります。また、本会議や委員会の運営、各種連絡等をより効率的、効果的に行う必要もあることから、継続的な議会の改革に取り組むこと、また、議会が必要と認めるときは、議員で構成する検討組織を設置することができることを定めています。

 

目次に戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所議会事務局調査法制課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2513

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?