ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

福祉交流センターのオルガン

福祉交流センターのパイプオルガン

浜松市福祉交流センターの「交歓の広場」に設置されているオルガンは、ドイツのクライス社の製作によるもので、1660本のパイプにより、26色の音色を出すことのできる本格的な中規模オルガンです。柔らかい音色を特色としており、残響音のすばらしさは専門家から高い評価を得ています。また、正面に見える美しいパイプは特に純度の高い錫鉛合金で作られています。
公共施設としては、全国で5番目に設置され、定期的に演奏会を開催しています。
楽器の街から音楽の街を目指す浜松のシンボルのひとつとして市民の情操のかん養と音楽を志す人の夢をはぐくむのに大きな役目を果たしています。

「第164回定期演奏会」を開催します

伝統あるオルガン演奏会は、164回を迎えます。

生演奏でお届けするオルガンの音色を全身で感じ、日常では出会えない感動を味わってみませんか。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

日時

平成30年10月24日(水曜日)午後7時開演

場所

浜松市福祉交流センター

(浜松市中区成子町140番地の8)

演奏者

中野 ひかり (なかの ひかり):オルガン

 

東京藝術大学オルガン科卒業、日本オルガニスト協会主催・新人演奏会に出演。同大学院修了。大学院在学中から、ヨーロッパ各地のオルガンアカデミーにて研鑽を積む。その後、リヨン国立高等音楽院に留学。同音楽院を最優秀の成績で卒業。サントリーホール、東京芸術劇場、札幌コンサートホールKITARAなど、各地のホールでのソロ活動の他、オーケストラ・合唱団等と共演。

オルガンをジャン・ボワイエ、絹村光代、廣野嗣雄、秋元道雄の各氏に師事。

アクトシティ浜松副オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

 

田島 茂代 (たじま しげよ):ソプラノ

 

東京藝術大学声楽科を卒業、同大学院修士課程修了、博士後期課程に進学し単位取得満期退学。ミュンヘン音楽大学マイスターコース修了。ARDミュンヘン国際コンクールでファイナリスト、プフィッツナー歌曲コンクール・ミュンヘンで第2位を受賞。教会などで宗教曲を数多く演奏する他、オペラ、ドイツ・リートなど幅広く活動している。

ハンノ・ブラシュッケ、ヘルムート・ドイチュの各氏に師事。

現在、愛知県立芸術大学音楽学部、および石川県立金沢辰己丘高等学校芸術コース非常勤講師。

演奏曲目

アイルランド民謡 : 庭の千草

中田 喜直 : 小さい秋みつけた
E.グリーグ : ソルヴェーグの歌 / 最後の春

J.S.バッハ : 幻想曲とフーガ ト短調 BWV542 他

入場料 無料(当日、直接会場へお越しください。)
主催 浜松市

問い合わせ

浜松市福祉総務課 電話:053-457-2326

電子メール:fukushisomu@city.hamamatsu.shizuoka.jp

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部福祉総務課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2326

ファクス番号:050-3730-5988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?