ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

木造薬師如来坐像

木造薬師如来坐像 もくぞうやくしにょらいざぞう (浜松市天竜区長沢 長月寺)
昭和59年11月13日 市指定有形文化財(彫刻)


マツ材による一木造(いちぼくづく)りで、像高は40cmです。作風もよく、小像ながら重量感に富み、彫刻としての力強さと生命感のある像容をみせています。
膝裏に墨書銘があり、仏師小嶋道法(こじまどうほう)が弘治3年(1557)に製作したことが記されています。長月寺に奉安されるに至った経過は明らかではありませんが、かつては境内の薬師堂の本尊として祀られていたといいます。

地区内リストに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?