ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

五部大乗経

五部大乗経 ごぶだいじょうぎょう (浜松市天竜区大谷 内山真龍資料館寄託)
平成8年11月28日 市指定有形文化財(書跡)

五部大乗経は、大方広仏華厳経(だいほうこうぶつけごんきょう)、大般涅槃経(だいはつねはんきょう)、大方等大集経(だいほうとうだいしつきょう)、大品般若経(だいぼんはんにゃきょう)、妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)の5つからなり、全部で200巻あります。
洞泉寺の五部大乗経は、199巻が現存しています。経典の墨書銘によると、南北朝時代の応安7年(1374)から数か年の間に書写され、各地を転々として阿寺村へ奉納されたことが分かります。
五部大乗経がほぼ完全な形で残っているのは、県内では珍しく、しかも地方の信仰を知るうえでも貴重な史料です。損傷が激しいため、平成9年度から5年間かけ、京都国立博物館文化財保存修理所墨申堂で修理されました。

地区内リストに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?