ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

遠江国風土記伝

遠江国風土記伝 内山真龍筆 とおとうみのくにふどきでん
(浜松市天竜区大谷 内山真龍資料館寄託)
平成12年3月17日 県指定有形文化財(古文書)


内山真龍は、元文5年(1740)大谷村の名主の長男として生まれました。宝暦10年(1760)、21歳のとき賀茂真淵(かものまぶち)に入門し国学を学び、多くの門弟を育てる一方、諸国を旅行し、その他の故事を探り数多くの著作を残しています。
「遠江国風土記伝」は、遠江国13郡下の郷名・村・駅・地図・古述・古跡や元禄高帳による石高・口碑伝説などが記され、各郡を1巻として13巻からなり、完成までに10年の歳月を費やしています。

地区内リストに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?