ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

田楽面及び祭具

田楽面及び祭具
でんがくめんおよびさいぐ (浜松市天竜区大谷 内山真龍資料館寄託)
平成7年3月29日 市指定有形民俗文化財


横山八幡神社に伝わる猿、翁などの田楽面11面と鈴2点は、明治初期まで同神社で行われていた田楽(田遊び)に使用されていたものです。社伝によると、明治7年頃まで正月元旦から10日にかけて田遊びが演じられ、その後は正月7日の一日限りとなって廃絶したといいます。
これらの面と鈴は、田遊びの内容を今に伝える貴重な資料で、江戸時代以前のものです。特に面は、彫刻としての価値も高いものです。

地区内リストに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?