ここから本文です。

更新日:2015年7月21日

木造馬頭観音坐像(長楽寺)

木造馬頭観音坐像 もくぞうばとうかんのんざぞう (浜松市北区細江町気賀)
昭和43年11月25日 市指定有形文化財(彫刻)

木造馬頭観音坐像

長楽寺の本尊です。

作者不明、制作年代詳細も不明ですが、鎌倉時代の作と考えられています。

寄木造で胴部から頭部までは一木で造られています。また、三面八臂の憤怒像で、頭上には白馬をいただいています。

頭部の馬頭が全身像であることが極めて珍しく、持物(じもつ)の一つである、ほえる竜頭が付いた斧の把手には、滑り止めの為に縄を巻いていたものが文様として取り入れられているのも特徴的です。また、貫(ぬき)を用いて部材を緊結する堅牢なつくりなど、都の仏像には見られない特徴があります。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?