緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年4月15日

浜松海岸のアカウミガメ及びその産卵地

浜松海岸のアカウミガメ及びその産卵地
はままつかいがんのあかうみがめおよびそのさんらんち
(浜松市南区松島町から西区舞阪町までの海岸)
平成2年3月10日 市指定天然記念物

アカウミガメは体長1~1.2mくらいの赤褐色をした雑食性のウミガメで、毎年5月中旬から9月初旬頃にかけて浜松海岸の砂浜で産卵します。ひとけがなくなる夜に上陸し、38g前後のピンポン玉大の卵を平均120個ほど産卵します。卵は柔らかく、弾力があり、淡いピンク色に見えます。卵は約2か月でふ化して、子ガメが誕生します。子ガメは砂浜を歩いて海に入ると、黒潮にのり太平洋を2年かけて回遊し、赤道付近に留まります。20年後、親ガメとなり産卵に戻ってきます。

 

アカウミガメの保護のしおり(PDF:777KB)

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:050-3730-1391

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?