ここから本文です。

更新日:2014年8月14日

赤門上古墳

赤門上古墳 あかもんうえこふん (浜松市浜北区内野)
昭和54年11月19日 県指定史跡

赤門上古墳は、内野台の舌状にのびる台地の端に築かれた、前方後円墳です。全長は56.3メートル、高さは4.9メートルです。
昭和36年に、静岡県立浜名高等学校によって発掘調査が実施されました。後円部には長さ5.58mのクスノキの大木を縦切りにした木棺が納められていました。この木棺の中からは、三角縁神獣鏡といった鏡や武器などが出土しています。古墳の形と副葬品の内容から古墳時代前期(4世紀 約1650年前)に築造された古墳と考えられます。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?