緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 観光・魅力・イベント > はままつの文化財 > 浜松市地域遺産センター

ここから本文です。

更新日:2021年10月18日

浜松市地域遺産センター

浜松市地域遺産センターは、文化財をはじめとする地域に残された遺産の調査や保護、活用事業を行う施設です。

地域遺産センター外観

 

住所/〒431-2295 浜松市北区引佐町井伊谷616-5※くわしいアクセス方法
休館日/毎週月曜日(祝日の場合翌平日)、12月29日から1月3日

電話/053-542-3660
FAX/053-542-3326
E-mail/maibun@city.hamamatsu.shizuoka.jp

イベントカレンダーはこちら

地域遺産センターからのお知らせ

地域遺産センターで開催中、開催予定のイベント

「奥浜名湖の遺跡と文化財」

「奥浜名湖の遺跡と文化財」ポスター(PDF:1,720KB)

日程 2021年9月11日 (土曜日)~2022年3月31日 (木曜日)

内容 奥浜名湖地域のさまざまな遺跡、文化財をパネルや展示とともに紹介します。

会場 浜松市地域遺産センター 2階ガイダンスコーナー

休館日 月曜日(祝日の場合翌平日)

観覧料 無料

問合せ 浜松市地域遺産センター 浜松市北区引佐町井伊谷616-5 電話 053-542-3660

 

 

 業務内容

埋蔵文化財業務

業務時間/午前8時30分から午後5時15分

業務日/祝日を除く月曜日から金曜日(12月29日から1月3日は休み)

展示の公開

開館時間/午前9時から午後5時

入館料/無料

最新情報は、Facebook・twitterをご覧ください。

 イベントカレンダー

開館日やイベント開催の予定を公開しています

地域遺産センター2021下半期イベントカレンダー(PDF:1,755KB)

 施設案内

1階エントランスゾーン

巨大な笛の立体顔出しフォトコーナー

顔出しフォト笛

2階ガイダンスコーナー

展示室

プロジェクションマッピング×ジオラマ「井伊谷戦国絵巻」

井伊直虎の生涯や井伊谷周辺の様子をジオラマへのプロジェクションマッピングで紹介します。

プロジェクションマッピング写真1プロジェクションマッピング写真2

井伊直親ゆかりの笛の姿と音色を再現「青葉の笛を体感する」

『青葉の笛』ってどんな音がするのかな?再現した音色を聞くことができます。またレプリカに触れることもできます。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在触れることはできません。

城跡の推定復元ジオラマと360°動かせる3D画像により「井伊谷城を俯瞰する」

当時の井伊谷城とその周りはどうなっていたのかな?復元ジオラマや、タブレットで見ながら動かせる3D画像などで城跡の様子を知ることができます。※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在はタブレットは休止中です。

ジオラマ

ガイダンスコーナー

大型スクリーンを備えており、展示・体験・講座など、さまざまな企画を行っています。

ガイダンス

VR体験コーナー

龍潭寺や浜松城などを空中散歩しているような映像をご覧いただけます。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在は休止中です。

キッズコーナー

スマホアプリで動く直虎ちゃんのぬりえや、笛やはにわの形をした遊具等、授乳室も有ります。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在は休止中です。

案内カウンター・ショップ

館内や周辺の各種情報をご案内しているほか、図書やグッズの販売も行っています。

 浜松市地域遺産センターパンフレット

地域遺産センターパンフ

 アクセス

バス

『浜松駅』バスターミナル15番のりばから遠鉄バス「45奥山行」に乗車、『神宮寺』下車、徒歩5分

電車

天竜浜名湖鉄道『金指』駅下車、遠鉄バス『金指』から「45奥山行」に乗車、『神宮寺』下車、徒歩5分

新東名高速道路「浜松いなさI.C.」から国道257号線を南下し、井伊谷上交差点を右折、約20分

東名高速道路「浜松西I.C.」から浜松環状線経由で国道257号線を北上し、井伊谷交差点を左折、約30分

駐車場60台収容

大型バスは事前にご相談ください。

文化財トップに戻る

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市市民部文化財課(浜松市地域遺産センター)
〒431-2295
浜松市北区引佐町井伊谷616-5
電話053-542-3660

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?