ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 創造都市の取り組み > 世界音楽の祭典in浜松2016の開催について(ユネスコ音楽都市はままつ推進事業)

ここから本文です。

更新日:2017年5月15日

世界音楽の祭典in浜松2016の開催について(ユネスコ音楽都市はままつ推進事業)

平成27年(2015年)に開催した「世界創造都市フォーラムin浜松2015」の成果に基づき、ユネスコ創造都市ネットワーク音楽分野加盟都市と協働して「世界音楽の祭典in浜松2016」を開催します。

テーマ・サブテーマ・基本コンセプト

テーマ

「世界と響き合う新しい音楽文化の創造」

サブテーマ

音楽の多様性と創造性、伝統と革新、浜松と世界

基本コンセプト

「アジアの音楽文化の交流拠点・浜松 × 世界の音楽都市」
音楽産業技術、音楽文化施設、地域の演奏家・音楽団体など浜松の貴重な音楽資源を最大限に活かし、世界の音楽都市とのコラボレーションによって新たな価値創造を目指します。“クロスオーバー”“異種配合”“融合”をキーワードに、新たな音楽表現を追求します。

音楽監督

三宅 純 (作曲家、編曲家、トランペット奏者)

 photo by Jean Paul Goude

「世界音楽の祭典in浜松2016」に寄せて

三宅純氏 コメント(PDF:1,241KB)

三宅純氏プロフィール

作曲家。日野皓正に見出され、バークリー音楽大学に学び、ジャズトランぺッターとして活動開始。以後、作曲家としてCM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリー・ダンス等多くの作品を手掛ける。3000作を超えるCM作品にはカンヌ国際広告映画祭等、受賞作多数。ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、ロバート・ウィルソン、フィリップ・ドゥクフレ、オリバー・ストーン、ジャン=ポール・グード、大友克洋らの作品に参加、異種交配を多用した個性的なサウンドは国際的賞賛を受けている。2005年よりパリにも拠点を設け、アルバム”Stolen from strangers(‘07)”、“Lost Memory Theatre act-1(‘13)”、“Lost Memory Theatre act-2(‘14)”は仏独の音楽誌で年間ベストアルバム賞・音楽批評家大賞等を受賞。ギャラリーラファイエット・オム「2009年の男」に選ばれ、パリの街を三宅のポスターが飾った。主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督「ピナ/踊り続けるいのち」は2011年ヨーロッパ映画賞でベスト・ドキュメンタリー賞受賞、2012年には米・英のアカデミー賞にノミネートされた。

公式ロゴマーク

ロゴマーク画像

コンセプト

音楽の共通要素であるビートやメロディ、創造性、音楽を愛する人類のDNA、そして「World」と「Music」の頭文字を波形で表現しています。無限のループを連想させる躍動感ある波形の動きは、地球というひとつの生命体が創りだす音楽の祭典への期待感や高揚盛を醸成します。

カラー

赤い波形は血流・躍動・感動という誰もが持つ情熱(表情)を意味し、金の波形は理性・感性・創造という個々の心の奥底にある非凡な可能性を意味する色として採用しています。

デザイン

赤と金(エモーションとカーム)の始点・終点をつなげ、球体の立体性、回転の動きの視覚性を高めることでコンセプトを集約し、世界の国々が音楽でポリフォニック(重層・多層的)につながるグローバルなシンボルとしての完結を目指しました。

開催概要

日程 平成28年11月3日(木曜日・祝日)から6日(日曜日)まで
会場 アクトシティ浜松 ほか
主催

ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会

 「パートナーシップ事業」募集中!

「世界音楽の祭典 in 浜松 2016」の「パートナーシップ事業」として、相互に広報協力を行っていただける事業を募集します。
詳しくは(公財)浜松市文化振興財団のホームページ(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部創造都市・文化振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2301

ファクス番号:050-3730-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?