ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

小規模特認校制度

小規模特認校とは

目的

人口動態、少子化等に伴い、児童数が著しく減少する小学校において、歴史的な経緯、学校の特色、児童の適性等により小規模校の特性を生かした教育を希望する保護者の児童に、特例措置として通学区以外からの入学を認め、学校規模の適正化及び受入校の活性化を図るものとする。

対象校

当分の間、児童数が150人以下かつ各学年の学級数が1学級となる学校で、将来においても児童数が減少することが予想される学校を対象とする。

実施校の選定

対象校の中から、保護者や地域住民の意向等を考慮して、教育委員会が指定するものとする。

実施校と定員

学校名

所在地

定員

電話

双葉小学校

浜松市中区海老塚二丁目5番1号

各学年10名程度

452-0280

花川小学校

浜松市中区花川町781番地

各学年10名程度

436-1401

鏡山小学校

浜松市天竜区只来97番地の3

 

924-0203

熊小学校 浜松市天竜区熊2153番地   929-0151

就学の条件

通学の条件

小規模特認校以外の児童が1年間以上の通年通学をする場合に限るものとし、バス・電車等の公共交通機関を利用するときは、原則として1人で通学できること。ただし、保護者による送り迎えは学校長の承諾を得た場合、認めることとする。

保護者の協力

  • 特認校の教育活動に賛同できること。
  • 特認校のPTA活動に賛同し、協力できること。
  • 保護者の負担と責任で通学できること。

中学校への入学

住所地により指定される中学へ入学することを原則とするが、希望により、特認校の児童が入学する中学校への入学を認めることとする。

入学許可の取消

入学を許可した後において、申請の事実と異なり、または入学の目的に沿わない事由が生じ、支障があると認められるときは、入学許可を取り消すことがある。

申請方法

募集期間

年間を通じて手続きができるものとする。ただし、4月からの入学を希望する場合は、原則として2月末までに申請するものとする。

受付場所

保護者は、教育総務課に「学区外就学許可願」を提出することとする。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部教育総務課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟6階

電話番号:053-457-2401

ファクス番号:053-457-2404

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?