ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 心の健康 > 浜松市精神保健福祉センター > センターだより > 静岡県海外技術研修員(南米研修員)の研修生が来訪しました

ここから本文です。

更新日:2014年12月3日

静岡県海外技術研修員(南米研修員)の研修生が来訪しました

12月2日(火曜日)、ペルー共和国から、産業精神医師 西尾ダビー氏が、本市の「職場復帰プログラム」及び「外国人のメンタルヘルス相談事業」の現状を視察するために、センターに来訪されました。

ダビー氏は、ペルー共和国で、精神科医師(産業医)として、企業のメンタルヘルスの職務を担っています。

「今日の研修を40年後までもペルーで活かしていきたい。」とお話されていました。

また、外国人のメンタルヘルス相談事業では、HICEの心理学者 大嶋チット氏と、母国語で情報交換をしていました。

「働く人のこころ」「家族支援の必要性」「障害や疾患への正しい理解の普及」など、国境を越えて取り組むべき方向は同じであることを認識し、私たちも、あらためて「精神保健福祉の進む道」を振り返ったひとときでした。

 

海外技術研修員

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部精神保健福祉センター

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目12-1 県浜松総合庁舎

電話番号:053-457-2709

ファクス番号:053-401-1028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?