ここから本文です。

更新日:2016年6月24日

浜松市消費者教育推進計画

計画策定の背景

「消費者教育」とは、日々の消費生活を安全・安心に送ることができるように、消費者が必要な知識やスキルを身につけて自立することを支援する教育です。

平成24年12月に「消費者教育の推進に関する法律」が施行されました。地方公共団体は、消費生活センター、教育委員会その他の関係機関相互間の緊密な連携の下に、区域の社会的、経済的状況に応じた施策を策定し実施する責務があるとされ、また、施策についての計画を定めるよう努めなければならない、とされました。

本市においても、消費者教育に関する市の取り組みを体系的に整理し、総合的かつ一体的に推進するため、浜松市消費者教育推進計画を策定しました。

計画実施期間

平成28年度~平成32年度(5か年)

計画理念及び目標

理念:「消費者教育の推進による安全・安心で豊かな消費者市民社会の実現」

消費者教育の推進により、市民すべてが自立した消費者となり、「消費者市民社会」の一員となることによって、安全・安心な消費生活環境が整備された豊かな消費者市民都市が形成されること。

「消費者市民社会」とは、消費者が、個々の消費者の特性及び消費生活の多様性を相互に尊重しつつ、自らの消費生活に関する行動が現在及び将来の世代にわたって内外の社会経済情勢及び地球環境に影響を及ぼし得るものであることを自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会をいう。

(消費者教育の推進に関する法律第2条第2項)

目標:「消費者市民社会の一員となる自立した消費者の育成」

個々の消費者の消費生活の多様性を尊重しつつ、自らの消費生活に関する行動が社会経済情勢や地球環境に影響を及ぼし得ることを自覚して行動できる消費者を育成します。

浜松市消費者教育推進計画(PDF版)

豊かな消費者市民都市をめざして≪浜松市消費者教育推進計画≫(PDF:2,135KB)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部市民生活課 くらしのセンター

〒432-8032 浜松市中区海老塚町51-1

電話番号:053-457-2635

ファクス番号:053-457-2814

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?