ホーム > 市政情報 > 都市整備 > 公園 > 浜松城公園歴史ゾーン整備基本計画について

ここから本文です。

更新日:2014年3月28日

浜松城公園歴史ゾーン整備基本計画について

基本計画について

天守閣を中心とする1.8ヘクタールを歴史ゾーンと位置づけ、浜松城公園の歴史的魅力をより高めるための整備を行います。基本計画では、歴史ゾーン整備の基本的な考え方と内容について検討しました。
浜松城公園歴史ゾーン整備基本計画

浜松城天守門を復元しました

基本計画に基づき平成24・25年度で復元整備していた天守門が完成しました。

 

浜松城(天守閣と天守門)

浜松城(指定管理者のホームページ 別ウィンドウが開きます)
浜松城公園(指定管理者のホームページ 別ウィンドウが開きます)

南エントランスゾーンについて

平成28年度の完成を目指して、浜松城公園の玄関口となる「南エントランスゾーン」の整備を行います。

整備の目的は次のとおりです。

  • 公園入口から浜松城と石垣を望むことができるようにします。
  • 案内所やスロープの設置など、歩行者向けの利便性を高めます。
  • 地下に残存する城郭遺構の保存を図るとともに、歴史的検証のもとにその価値を顕在化させ、訪れる方がその価値を学べるようにします。

南エントランスゾーンイメージ(PDF:431KB)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部公園課

〒430-0946 浜松市中区元城町216-4 ノーススタービル浜松

電話番号:053-457-2353

ファクス番号:050-3737-6815

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?