ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

浜松市国保特定保健指導

特定保健指導は、特定健康診査を受診した人で、その結果から生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が高く期待できる人に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。

 1.対象

内臓脂肪肥満の人で、血糖・脂質・血圧のうち1つ以上リスクのある人が対象となります。
内臓脂肪肥満とは

  • 腹囲が基準値以上の人
    基準値・・・男性は腹囲85cm以上、女性は90cm以上
  • 腹囲は基準値以内でも、BMI値が25以上の人
    ※BMI(肥満度の指標)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

リスクとは

血糖・脂質・血圧のそれぞれにおいて下表の条件を満たすもの

血糖

脂質

血圧

ヘモグロビンA1c5.6%以上(NGSP値)

中性脂肪150mg/dl以上

収縮期血圧
130mmHg以上

空腹時血糖100mg/dl以上

HDLコレステロール40mg/dl未満

拡張期血圧
85mmHg以上

保健指導の内容

保健指導の内容は、内臓脂肪肥満の種別・リスク及び年齢により下表の様になります。

内臓脂肪肥満

リスクの数

年齢

指導内容

腹囲が基準値より高い

2つ、または3つ

40~64歳

積極的支援

65歳~74歳

動機付け支援

1つで喫煙歴あり

40~64歳

積極的支援

65歳~74歳

動機付け支援

1つで喫煙歴なし

全年齢

動機付け支援

BMI値が高い

3つ

40~64歳

積極的支援

65歳~74歳

動機付け支援

2つで喫煙歴あり

40~64歳

積極的支援

65歳~74歳

動機付け支援

2つで喫煙歴なし

全年齢

動機付け支援

1つ

全年齢

動機付け支援

 2.保健指導内容

動機付け支援とは
原則1回の面接による支援を行います。面接では、健診結果や生活習慣を振り返り、減量や運動などの行動目標を立て、実践できるよう支援します。初回の面接から6か月経過後に身体状況や生活習慣の変化が見られたかどうかを確認します。
積極的支援とは
初回の面接では健診結果や生活習慣を振り返り、減量や運動などの行動目標を立てます。その後、電話やメール、面接等により行動目標が実践できるよう3か月程度の支援を行います。初回の面接から6か月経過後に身体状況や生活習慣の変化が見られたかどうかを確認します。

 3.受診方法

対象と判断された人には、特定保健指導利用券を送付します。利用券が届いたら、ご自分で直接、実施医療機関へ特定保健指導の予約をしてください。

特定保健指導実施機関一覧(PDF:55KB)

自己負担金

無料。
※特定保健指導利用期間の途中で浜松市国保を脱退した場合は、特定保健指導は終了となります。継続して保健指導を希望される人は、以後の特定保健指導にかかる費用は全額自己負担となります。

持ち物

特定保健指導利用券、国民健康保険被保険者証、特定健康診査の結果

 4.特定保健指導の利用について【電話によるご案内】

特定保健指導の利用について、1人でも多くの人にご利用いただけるよう、電話で利用のご案内をすることがあります。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部国保年金課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2637

ファクス番号:050-3730-5988

○各区役所担当窓口
中区(長寿保険課/Tel:053-457-2216)
東区(長寿保険課/Tel:053-424-0183)
西区(長寿保険課/Tel:053-597-1166)
南区(長寿保険課/Tel:053-425-1582)
北区(長寿保険課/Tel:053-523-2864)
浜北区(長寿保険課/Tel:053-585-1125)
天竜区(長寿保険課/Tel:053-922-0021)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?