ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 概要 > 市章・市の花・市の木・市の鳥

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

市章・市の花・市の木・市の鳥

市章

上下対称的なデザインは、自然環境の循環と共生の形であり、上部は浜松市北部の豊かな森林を、下部は浜名湖と遠州灘の美しい「うみ」を表している。また、白い波の形は、遠州灘の白波であり、浜松市の躍動と発展を表現している。
(平成17年7月1日制定)

市の花:ミカン

気品あふれる純白の花は、初夏になると一斉に咲き誇り、甘くさわやかな香りを辺り一帯に漂わせる。市の温暖な気候風土を活かして栽培されるミカンは、全国的なブランドとなっている。
(平成18年11月28日制定)

市の木:マツ

海岸部にあってはクロマツ、内陸部にあってはアカマツが多く見られ、市名の一部にもなっている。市内には古木、名木が存在し、これらにまつわる伝説が現在も市民に語り継がれている。
(平成18年11月28日制定)

市の鳥:ウグイス

春の訪れを告げる鳥として広く親しまれ、夏には市の山間部で繁殖し、冬には平野部の公園や人家の庭先にも現れる。人々の心を和ませる美しく澄んだ鳴き声は音楽のまち・浜松を象徴する。
(平成18年11月28日制定)

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部秘書課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2070

ファクス番号:053-457-2235

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?