ここから本文です。

更新日:2016年4月24日

蜆塚遺跡と旧高山家住宅

浜松市蜆塚遺跡(しじみづかいせき)と旧高山家住宅

施設の特徴

蜆塚遺跡には、東海地域でも有数の規模の貝塚が保存され、国指定史跡となっています。公園内には、縄文時代のすまいを復原した建物や江戸時代の民家があって見学できます。


主な展示品

  • 縄文時代貝層保存施設(縄文時代)
  • 復原家屋(推定して建てたもの)(縄文)
  • 発掘当時の柱穴跡や炉跡(縄文時代)
  • 旧高山家住宅(浜名湖畔から移築)(江戸時代)

所在地

〒432-8018浜松市中区蜆塚四丁目、蜆塚公園内
TEL:053-456-2208(博物館)

交通案内

JR浜松駅北口バスターミナル2番ポール
「蜆塚・佐鳴台」行(15分)
「蜆塚遺跡」下車、すぐ前(博物館の北隣り)

休館日

一部施設は浜松市博物館に同じ(公園内は自由)
開館時間:一部施設は午前9時~午後4時30分(公園内は自由)

観覧料

無料

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?