ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 展示案内 > 特別展「浜松オートバイ列伝」

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

特別展「浜松オートバイ列伝」

特別展 浜松オートバイ列伝

■特別展「浜松オートバイ列伝」

ものづくりの街浜松は太平洋戦争の空襲により焼け野原となりました。この焼け跡から復興がはじまり、それまでの織物の街からオートバイの街へ大きく変化してきました。
この地域では織機製造から大きく方向転換したスズキ、自動車修理工場からオートバイ生産を開始したホンダ、楽器製造から新たな分野へ進出したヤマハに代表される世界的な企業をはじめ、数多くのメーカーが競い合いオートバイの街浜松を創り上げてきました。
そこには、オートバイ工場で働く人たち、オートバイとともに生活を営んできた人たちが町に溢れ、活気に満ちていました。
今回の展示では、1950年代前後の戦後のメーカー濫立期のオートバイから、1970年代までの名車を浜松の街の歴史とともに、紹介していきます。

開催概要

特別展「浜松オートバイ列伝」

会期

平成22年7月24日(土曜日)~平成22年8月29日(日曜日)

会場

浜松市博物館 特別展示室・講座室

開館時間

9時00分~17時00分

休館日

開催期間中無休

観覧料金

大人500円(美術館との共通割引入場券・1200円)
高・大・専門学生300円(美術館との共通割引入場券・600円)
小・中学生 無料
70歳以上の方・障害者手帳をお持ちの方及び介添えの方1名まで半額(250円)
高・大・専門学生の障害者手帳をお持ちの方及び介添えの方1名まで半額(150円)
※期間中は、特別展観覧料となります。
※団体割引 20人以上:2割引/80人以上:4割引

後援

静岡新聞社・SBS静岡放送
浜松市教育委員会

協力

スズキ株式会社
本田技研工業株式会社
ヤマハ発動機株式会社
NPO法人本田宗一郎夢未来想造倶楽部
ライラック友の会
サミゾチカラコレクション
静岡市

関連企画

講座 浜松オートバイ列伝 六間道路物語-つわものどもが夢の跡-

日時

2010年8月8日(日曜日)13時30分~

場所

Uホール(浜松勤労会館)2階23会議室
浜松市中区城北一丁目8番1号

費用

無料

問い合わせ

浜松市博物館
TEL:053-456-2208

関連印刷物

特別展「浜松オートバイ列伝」チラシ(PDF:6,966KB)

関連リンク

みどころ

浜松の街でつくられた創業期のオートバイが展示されます。

写真 SUZUKI Diamond Free(1953)

SUZUKI Diamond Free
(1953)

写真 HONDA Cub(1952)

HONDA Cub F
(1952)

写真 YAMAHA YA-1(1955)

YAMAHA YA-1
(1955)

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?