現在の位置  : ホーム > 参加しよう “健康づくり” > はままつ健康増進団体 > 佐鳴湖ノルディック・ウォーク健歩会

更新日:2020年6月30日

ここから本文です。

佐鳴湖ノルディック・ウォーク健歩会

歩くことを楽しんで、健康寿命を延ばす!

開催日:2019年10月30日(水曜日)

発足は、8年ほど前。毎週水曜日に活動しています。主に毎月第1・第3・第5水曜日は、浜松市内を中心に各地の名所を歩き、第2・第4水曜日は、佐鳴湖公園を歩いています。現在登録メンバーは、46名ほど。それぞれの予定に合わせて自由に参加しています。会の平均年齢は70歳、メンバー最年長は81歳です。開催日のこの日は、佐鳴湖公園に午前9時30分に集合。公認指導員の指導のもと、準備体操をしっかり行ってから、佐鳴湖を一周しました。

活動の様子

歩いているときも、休憩のときも、笑い声がこぼれます。約1時間半のウォーキング。皆さん笑顔でのゴールでした。

インタビュー

佐鳴湖ノルディック・ウォーク健歩会

代表 久嶋茂さん

質問

会の活動を継続できている秘訣はなんでしょう?代表として、意識されていることはありますか?

回答

欠席者にも情報を郵送やメールで伝達してコミュニケーションを図るように心がけています。また、3ヶ月毎に会の活動予定計画の伝言版を発行しています。これにより、3ヶ月先の楽しみを事前に知らせて、参加し易くなるように努めています。月に2回程度、「お出かけウォーク」と称して、通常の活動場所の佐鳴湖を離れて、各地の名所、施設、自然を楽しみながら歩く企画を立てています。特に代表として意識していることはありませんが、会員全員が楽しめるような気配りを忘れないようにしたいと思っています。

質問

今後、何を目指して(目標として)続けていきますか?

回答

会員との交流と、佐鳴湖の自然の季節の移り変わりを楽しみながら、いくつになっても自分の足で歩けるよう健康寿命の延伸を目標に続けていきたいと思います。

会員の皆さんの声

河島壮太郎さん

質問

ノルディック・ウォークは、どのくらい継続されているんですか?

回答

創設メンバーなので、8年になります。まだノルディック・ウォークは、全然知られていないころでした。市で開催された講座に参加したら、これが楽しくて。講座終了後、その時のメンバーと一緒に同好会を創ったのが始まりです。

質問

継続して会に参加してよかったと思うことはどんなことでしょうか。

回答

友人がたくさんできたことですね。自分とは、全く違う生活や経験の方々に出会い、おしゃべりしながら歩いていると、今でも新しい気づきがあります。気持ちが豊かになったなぁと感じています。

松原千恵子さん

質問

どのような目的(目標)で会に参加されていますか?

回答

体を動かすことが好きなので、運動を続けられていて嬉しいです。その中で、花が咲いているのに気づいて春を感じたり、どんぐりを見つけて秋になったなぁと思う。自然の移り変わりを楽しめるので、とにかく続けていきたいです。

質問

継続して会に参加してよかったと思うことはどんなことでしょうか。

回答

一人自己流で歩いていた時は、膝が痛くなってしまいましたが、正しくポールを使って歩くことを教えてもらって、膝への負担が軽減しました。そして、なんといっても、仲間に出会えたことです。もうすっかり気心知れた仲間になりました。一緒に歩く仲間がいるから続けられていると思います。ちょっと目立つ色や柄のウェアーを着てお互いに褒めあったり、色々なおしゃべりが楽しいですよ。

池田和生さん

質問

ノルディック・ウォークは、どのくらい継続されているんですか?

回答

5年以上になります。定年後、シニア教室に通っていて、そこで久嶋さんに出会い、ノルディック・ウォークを知りました。そこから私もすっかりノルディック・ウォークに夢中です。

質問

どのような目的(目標)で会に参加されていますか?

回答

今は、西へ東へと大会に参加しています。今年3月には、30キロを超える距離の大会で完歩することができました。来年、同じ大会で、2年連続完歩を目指しています。

袴田勝憲さん・紀子さん

質問

ノルディック・ウォークはどのくらい継続されていますか?

回答

ちょうど1年になります。昨年、浜松市が開催したノルディック・ウォークリーダー育成講座に参加しました。その時のプレゼント企画でポールが当たったんです。そのあと夫婦で道具をそろえて、昨年の浜名湖ウォークフェスタに参加したことをきっかけに、この会にも参加するようになりました。

質問

続けることで「良かった」と思うことは、どんなことでしょうか?

回答

ポールを使って歩くことで、普段の生活では経験しない距離と時間を歩くことができるようになりました。また、歩くことで、車や自転車の移動では気づかなかった季節の変化を発見できることです。

質問

ご夫婦で参加するメリットは?

回答

共通の趣味、共通の話題、共通の友人・知人ができることですね。

質問

今後、何を目指して(目標として)続けていきますか?

回答

あと20年、80歳以上になっても歩いていたいですね。始める前は、夫婦で膝が痛いということもありましたので、少しでも速く、少しでも遠くへと、歩けるようになりたいです。家庭の事情が許せば、全国各地の大会へ出場したいですね。