現在の位置  : ホーム > 意識しよう“健康的な食” > 特集 店舗レポート > 宅配クック123 浜松東店

更新日:2021年4月28日

ここから本文です。

宅配クック123 浜松東店

お客様に「会いに行く」お弁当屋さん

gaikan

取材日:2021年3月18日(木曜日)

宅配クック123は全国にチェーン店を展開する、高齢者専門のお弁当宅配サービスです。管理栄養士が日々の栄養バランスを考えて献立したお弁当を、ただお客様に届けるだけでなく、「今日もお客様に会いに行こう」という意識で、原則お弁当は手渡しで届けています。

住所:浜松市東区貴平町543
営業時間:午前9時00分〜18時00分
TEL/FAX:053-431-3050 / 053-431-3060

インタビュー

宅配クック123 浜松東店

店長(宮川さん)

tenchou

質問

はままつ食de元気応援店に応募したきっかけは何ですか.。

回答

浜松市東区が行った衛生管理の講習会に参加し、はままつ食de元気応援店のことを知り、私たちの取り組みと通じる部分があると思い応募しました。

obentou

haisen

質問

お弁当のPRをお願いします。

回答

一般的な価格の安さを売りにしたお弁当とは違い、高齢者の健康を考え「たんぱく質」がしっかり取れ、栄養バランスのとれた献立で作っています。「たんぱく質」は年齢を重ねるとおこる筋肉の低下速度を緩やかにする効果があります。私たちが作るお弁当によって、少しでも改善できればと思って毎日作っています。

質問

減塩の取り組みについて教えてください.

回答

1食あたり144〜314kcalを目安とし、食塩相当量は一般的なお弁当よりも低い3.0g以下に抑えて高齢者向けのお弁当を作っています。塩分を減らすと味が薄くなってしまうイメージがありますが、出汁でしっかりと下味を付けているので、豊かで味わいのあるお弁当になっています。

質問

今後浜松市と協働でどのような展開をしていきたいですか。

回答

地域包括支援センターと連携して、「たんぱく質」の重要さなど高齢者に必要な栄養素について、お弁当を通してもっと多くの人に広めていきたいです。

配達員(橋本さん)

haitatuin

質問

お弁当を届けた時のお客様の声や反応はどうですか。

回答

私たちが笑顔でお弁当を届けたときに、お客様も「待ってたよ。」と笑顔で迎えてくれ、「いつも楽しみにしている」と言ってくれます。また、私たちとの会話も楽しみにしてくれているので、やりがいを感じています。

tumikomi

質問

お客様への対応で心がけていることは何ですか。

回答

とにかく笑顔で元気よく対応することを心がけています。個人的にはゆっくり大きな声でお話をすることを大切にしています。またお客様の顔色や体調も気にかけています。

ケアマネジャー(酒井さん)

keamane

質問

ケアマネジャーとして宅配クックとどのように関わっていますか。

回答

介護保険サービス以外の“お弁当の宅配”を通じ、健康状態の把握や在宅生活の維持に繋がるように連携しながら関わっています。

質問

宅配クックに対する思いや望んでいることは何ですか。

回答

ケアマネジャーが訪問する時に、お客様によっては、部屋をきれいにしなければいけないとか、こうしなきゃいけないとか構えてしまう方がいらっしゃいます。お客様の普段の自然な生活の様子を宅配クックのスタッフに報告してもらい、連携を図ることで、お客様を守れるような関係性を築いていきたいです。

利用者

鈴木さん

riyousha

質問

宅配クックのお弁当の感想は。

回答

咀嚼ができない私でも食べやすいよう、食材が細かく刻まれていて食べやすいので、とても助かっています。一番嬉しいことは、一人暮らしなので配達の時に声をかけてくれることです。時には家の中まで様子を見に来てくれることも大変ありがたいです。

uketori

uketori2

質問

宅配クックを利用するようになったきっかけと利用期間は。

回答

主人のヘルパーさんに紹介してもらい、2019年の10月から利用しています。
その年の夏に食事が取れない状態が続き、自分では食事の管理ができないと思い利用を始めました。今は週に5日お弁当をお願いして、2日は自炊しています。

質問

健康を維持するための“減塩”について気をつかっていることはありますか。

回答

塩分はあまり摂らないように気をつけています。自炊の時は食事のカロリーなど、栄養素は分からないのでお弁当の時は安心していただいています。