ホーム > 市政情報 > 行政区 > 天竜区 > 天竜区のできごと > 天竜区2019年10月のできごと > 10月9日、全国市町村交流レガッタの優勝報告会がありました

ここから本文です。

更新日:2019年10月16日

10月9日、全国市町村交流レガッタの優勝報告会がありました

天竜区役所で行われた優勝報告会 

10月9日(水曜日)、天竜区役所で「全国市町村交流レガッタ日田大会」に浜松市代表として出場し、「壮年女子の部」で優勝した二俣・島ボートクラブの皆さんの優勝報告会がありました。

全国市町村交流レガッタ大会は、毎年全国各地のボート場で開催される市民レベルの大会。令和となって初めてとなった今回は、9月28日(土曜日)、29日(日曜日)の2日間、大分県日田市の三隈川特設会場を舞台に、全国26市町村の代表124クルーおよそ1,000人が参加し、日本一を競い合いました。浜松市代表の二俣・島ボートクラブは、2部門に出場し、壮年女子の部で優勝したほか、熟年男子の部でも第3位の好成績を収めました。

壮年女子の部で優勝したクルー

報告会では、チームの監督を務める島博敏さんが、岡部天竜区長に大会の結果を喜びとともに伝えると、区長は「皆さんの活躍は、大変うれしく、ありがたい。ボートのまち天竜を代表するチームとして、今後も活躍を期待しています」と感謝の言葉を述べました。

報告会に訪れたメンバーの一人、鈴木育子さんは「今年は雨で思うように練習ができず、今回の優勝は思いがけなかった」と率直な感想を語ってくれたほか、菅原美香さんは「日田大会の会場はとても漕ぎやすかった。天竜ボート場で漕ぐ感覚に似ていた」と今回の勝因を話してくれました。

 

4月~10月まで毎週日曜、天竜ボート場を拠点として練習している二俣・島ボートクラブの皆さん。島監督は「誰でもボートが楽しめる環境にしたい。「ボートのまち」とみんなが思えるようにするのが夢」と市民レベルでの競技普及への思いを語り、「ぜひ、多くの人に一度ボート場に足を運んでほしい」と呼びかけました。

表彰式でトロフィーを受け取るクルーメンバー 会場で優勝杯、メダルを掲げる選手たち

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区まちづくり推進課

〒431-3392 浜松市天竜区二俣町二俣481

電話番号:053-922-0072

ファクス番号:053-922-0093

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?