ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がいのある方へ > 寡婦(夫)控除等のみなし適用について

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

寡婦(夫)控除等のみなし適用について

下記要件を満たす場合には、寡婦(夫)とみなし、寡婦(夫)控除等の適用の対象となる可能性があります。

寡婦(夫)控除等のみなし適用チラシ(PDF:122KB)

寡婦(夫)控除等のみなし適用の要件

  • 法律上の婚姻をすることなく、父または母となった方
  • 現時点(申請時及び前年末)で、婚姻をしていない方

そのほか、税法上の寡婦控除と同様の要件に該当する必要があります。

寡婦控除のみなし適用の対象となる障害福祉サービス等

  • 障害児通所給付
  • 特例障害児通所給付
  • 肢体不自由児通所医療
  • 介護給付
  • 特例介護給付
  • 自立支援医療費
  • 療養介護医療費
  • 補装具費
  • やむを得ない事由による措置を行った場合の利用者負担額
  • 措置入院に要した費用にかかる費用徴収額
  • 特別児童扶養手当
  • 障害児福祉手当
  • 特別障害者手当

要件を満たす場合

障害福祉サービス等や自立支援医療では、寡婦控除等が適用されたものとみなして市町村民税を算出し、その市町村民税額を基礎として、自己負担上限月額を算定するため、現在の所得区分より自己負担の少ない区分に決定されることがあります。
各種手当では、寡婦(夫)控除等のみなし適用によって所得制限内となり、手当の支給対象となることがあります。
適用には申請が必要となりますので、窓口へお申し出ください。
※あくまでみなし適用のため、市町村民税自体が減額されるものではありません。
※現在、税法上の寡婦(夫)控除等の適用を受けている方、生活保護受給者の方、市町村民税世帯非課税者の方は、申請の必要はありません。
※所得の状況等によっては、自己負担上限月額が減額されない場合があります。

手続きの方法

次の書類を窓口へ提出

  • 申請書
    ※認め印が必要です
  • 戸籍全部事項証明書
    ※みなし寡婦等認定後の更新時は不要

申請書

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部障害保健福祉課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2034

ファクス番号:053-457-2630

○各区役所担当窓口
中区(社会福祉課/Tel:053-457-2058)
東区(社会福祉課/Tel:053-424-0176)
西区(社会福祉課/Tel:053-597-1159)
南区(社会福祉課/Tel:053-425-1485)
北区(社会福祉課/Tel:053-523-2898)
浜北区(社会福祉課/Tel:053-585-1697)
天竜区(社会福祉課/Tel:053-922-0024)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?